日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2017年5月1日号 宇津井輝史

地政学がブームである。戦時中に戦争を煽った罪で戦後はずっと忌避され、一般の大学でも地政学は封印された。だからここ数年の地政学関係書籍の相次ぐ出版は隔世の感がある。だが内容は玉石混交である。最適の入門書だった曽村保信『地政学入門』(中公新書)は残念ながら絶版。いまならロバート・カプラン『地政学の逆襲』(朝日新聞出版)がお薦めだ。

▼地政学とは国際情勢を分析する手法の一つであり、一国の外交戦略を立てる際の補助線である。政治や経済、軍事的均衡は刻々と変わるが、地理的条件は変化しない。地球上の陸地と海の配置が動かない点に着目して外交戦略を考えるのが地政学の要諦だ。大胆な仮説を許すがゆえに為政者を虜(とりこ)にする一方、危うさもそこにある。

▼地政学はドイツで発達した。ドイツ製の地図は正確かつ美しい。ドイツ人は三次元で地図を読む能力と技術を磨き、内陸国としての発展のシナリオを地理の視点で読み取ってきた。そういう国に対抗するには、海洋国の米英もドイツの地政学的戦略を知るべきとの立場から書かれたのが、地政学の祖とされる英国人H・J・マッキンダーの『デモクラシーの理想と現実』(原書房・『マッキンダーの地政学』として最近復刻)である。

▼中国はずっと内陸国だった。近年、米中が対立するのは中国が海洋国を目指したためだ。海洋国の敵は同じ海洋国であることを歴史が示し、地政学が教える。

▼ユーラシア大陸の沖合に浮かび、朝鮮半島と至近距離にある日本の地理的条件は、たとえ鬱陶しくとも未来永劫変わらない。日本は戦前の大陸政策で誤った地政学を適用した。揺れ動くアジアに、日本はいまどんな地政学の補助線を引けるだろうか。

(文章ラボ主宰・宇津井輝史)

次の記事

コラム石垣 2017年5月21日号 丁野朗

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

日本を象徴する「百の物語」を創出し、地域ブランドの確立と国内外の観光交流に生かす。「日本遺産」を一言で表現するとこうなろうか。この4月末、...

前の記事

コラム石垣 2017年4月11日号 中山文麿

中山文麿・政治経済社会研究所代表

世界的にフェイクニュース(うそのニュース)が飛び交うことが当たり前の世の中になった。トランプ米大統領も根拠もなく「オバマ政権が選挙期間中に...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...