コラム石垣 2016年7月1日号 神田玲子

広島を訪問したオバマ大統領は、人間社会に同等の進歩がないまま技術が進歩すれば、私たちは破滅すると語った。技術を良くも悪くもするのは人間社会であり、それは制度やシステムで規定されるということだろう。

▼原発の開発者、それを実用化する人、利用する人、評価する人。社会はさまざまな人で構成される。そうした人々の行動をルール化し、規律を持たせるのが社会制度である。ルールが技術の進歩に追いついていなければ、科学技術の成果が社会を破滅させることもある。それを防ぐには、法律や仕組みを適正なものに変えていかなければならない。

▼20世紀は、残念ながら二つの大戦と米ソ冷戦で象徴される時代となった。21世紀を左右する科学技術が人工知能であることに疑う余地はない。歴史を繰り返さないためには、人工知能のルールづくりそのものを見直す必要がある。

▼現在の制度は、問題の発生後に、審議会や政府、そして国会で議論を行い策定される。こうした方法では、対応が後手に回り、民間事業者の意識も希薄になりがちだ。人工知能の開発は、問題が起きてからでは遅い。問題が起きたときにはすでに世に普及しており、制約を課すコストも大きくなる。しかも、開発者が誰かもわからないものがある。ビットコインの仕組みを開発した「サトシ・ナカモト」が誰であるかも不明だが、皆が使い始めている。

▼人工知能を人類にフレンドリーなものにするためには、開発当事者をより深くルールづくりに関与させていくことが求められる。それはあまたの民間事業者の中に政府が入って共同で構築していくことになるかもしれない。21世紀はルールづくりのための新しい仕組みが必要だ。

(神田玲子・総合研究開発機構理事)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

コラム石垣 2016年7月11日号 宇津井輝史

文章ラボ主宰・宇津井輝史

女性革命家ローザ・ルクセンブルクは、民衆が失敗の積み重ねから学習する結果が実り多いものをもたらすとの言葉を残した。英国民がEUからの離脱を...

前の記事

コラム石垣 2016年6月21日号 中山文麿

中山文麿・政治経済社会研究所代表

今回の米大統領選挙では、当初、泡沫候補と見られていたトランプ氏が共和党の代表に指名されたり、民主党では、「民主社会主義」を唱えたサンダー...

関連記事

コラム石垣 2022年5月1日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

明治維新を成し遂げた日本は中国の近代化を支援した。政府はむろん、日活の創業者ら民間人も孫文を援助して辛亥革命を助け、アジア初の共和国・中...

コラム石垣 2022年4月21日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

先日、日本の政策についてアンケート調査を実施した。そのうち「あなたが専門家に聞きたいことは何か」の問いでは、「有識者は信頼できないので質...

コラム石垣 2022年4月11日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

ウクライナ東部要衝のマリウポリや北東部のハリコフでのロシア軍の攻撃は凄惨を極めた。ウクライナ国民の戦意をくじくためにロシア軍は意図的に病...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする