日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2016年3月21日号 宇津井輝史

またしてもあいまいさが問題になった。リオ五輪のマラソン代表選考基準である。女子の場合で経過を追うと、2月の大阪国際で福士選手が優勝。陸連の設定タイムをクリアする見事な勝利。だがこの時点で陸連がリオ「内定」を出さなかったのを理由に、福士サイドは最後の選考レースとなる3月の名古屋にも出場を示唆。結局取りやめたが、不透明な選考基準に翻弄される選手という構図で陸連が批判にさらされた。福士選手は世論を味方につけ、確かに陸連に問題を提起した。だが、そもそも陸連の基準はあいまいだったのか。

▼マラソンは特に実績がものをいう。代表3枠は、昨夏の世界陸上とその後の国内指定レースでの順位や記録などを総合的に判断して決める、という基準自体は明確だ。内定を出したくとも、世陸以外、全レースを終えてから発表するルールだからそれはできなかった。どのレースに出るかは自由だから、心配なら最後の大会に出る選択肢はどの選手にもある。

▼陸連に限らず、いかなる競技団体もメダルを取れそうな選手を五輪に出したい。では勝てる選手をどう選ぶか。最後は人が決めるからあいまいになる、と世論は言う。ならば誰にも分る一発勝負で選考すれば強い選手を選べるか。バルセロナ五輪のときの3枠目は、タイムより実績重視で送り込んだ選手が見事銀メダルを取った。だが、タイムで上回るもうひとりの選手が出ていたら金を取らなかったとは言えない。逆に一発選考なら、シドニー金の高橋選手も選ばれなかった可能性がある。

▼ルールに問題があるなら変えればいい。だが選考というのは人事である。総合的に判断するのは当たり前だ。完全に透明で誰もが納得する人事などあるまい。

(文章ラボ主宰・宇津井輝史)

次の記事

公益社団法人日本観光振興協会総合研究所長・丁野朗

3月半ば、東京・大手町に全国16地域が集まり、それぞれの地域が描いたストーリーを披露した。経済産業省が昨年度支援した「地域ストーリー事業」(地域資源活用ネットワーク形成…

前の記事

神田玲子・総合研究開発機構理事

高度経済成長、中間大衆社会という言葉に象徴される「昭和」にノスタルジーを感じる日本人は多い。そんな昭和は、商店街の経営主をはじめとした自営業者によって支えられていた…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

今回の米国大統領選挙は、トランプ氏を絶対に再選させたくない民主党と熱狂的な支持者からなるトランプ党との戦いだった。トランプ支持者は戸別訪問などどぶ板選挙も行い、前回…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

アニメ映画「鬼滅の刃・無限列車編」が空前ともいえるブームを巻き起こしている。目を見張るのは観客動員数だけでなく、関連グッズの多さだ。二番煎じ以降になると、効果もそが…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

2015年に創設された「日本遺産」は、今年6月、新たに21件が認定、合計104件となり、当初予定の認定数に達した。今後は新たな認定は行わないが、そのさらなる磨き上げに力を入れ…