日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2016年3月11日号 神田玲子

高度経済成長、中間大衆社会という言葉に象徴される「昭和」にノスタルジーを感じる日本人は多い。そんな昭和は、商店街の経営主をはじめとした自営業者によって支えられていたと気鋭の社会学者である新雅史氏は主張する。企業に雇われる「雇用の安定」とともに、「自営業の安定」が確保されていたことで、社会の安定が保たれていたという。

▼昭和30年代は、「働く=自営業」の時代ともいえるものであった。当時の統計を見ても、自営業者および家族従事者が就業者(除農業)に占める割合は約4割に上っていた。その後、自営業者の割合は一貫して減り続け、現在では1割以下の水準にまで低下した。今では、「働く=雇用される」状況が定着してしまった。働き手は、自分の事業が倒産する心配から解放されたが、他方で、解雇されるリスクを抱えるようになった。

▼両者のどちらがよいか比較は難しいが、働き方の選択肢は多い方が良い。少額の資金で、自由に起業し、それなりの資産を蓄積することができる自営業モデルがあれば、いざというときに、リスクが軽減されることにもなる。

▼現実に、そんな働き方をしている人がいる。パソコン1台でクラウドのオープンソースを活用して、個人で独立して仕事を受注する人が増えているという。経理関係はソフトを使って人手を省き、家族を養う程度の収入を得ると割り切れば、無理して仕事を受注する必要もない。IT技術が発達したおかげで、お金をかけずに独学で学習し、最先端の知識を身に付けることも可能だ。こうした変化を加速させるには、個人が企業と取引することがもっと恒常的になる必要があるが、情報化の時代は、新しい自営業者が生まれる時代といえよう。

(神田玲子・総合研究開発機構理事)

次の記事

コラム石垣 2016年3月21日号 宇津井輝史

文章ラボ主宰・宇津井輝史

またしてもあいまいさが問題になった。リオ五輪のマラソン代表選考基準である。女子の場合で経過を追うと、2月の大阪国際で福士選手が優勝。陸連の...

前の記事

コラム石垣 2016年3月1日号 中山文麿

中山文麿・政治経済社会研究所代表

英理論物理学者のホーキング博士は、人工知能が人間を置き去りにして進化し、2045年に人類を支配・滅亡させると警告した。最近の人工知能の発達に...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...