コラム石垣 2016年2月11日号 丁野朗

いま観光が脚光を浴びている。そのせいか、観光まちづくりやビジョンづくりで各地をお訪ねする機会が大幅に増えた。

▼地域で必ず申し上げるのは、俯瞰(ふかん)する目、いわゆる鳥の目を持つことの大切さである。地元の人々は日々地域を見慣れているが、意外と俯瞰する目を持っていないことが多い。いわゆるアリの目で地域を見ているからである。鳥の目は来訪客・観光客の目である。私も含めて、初めて訪れる地域では、小高い丘や展望台など高いところに登りたがる。そして、その土地の歴史も深堀りしたい。

▼そんな鳥の目で地域を俯瞰した一人に、大正から昭和にかけて活躍した鳥瞰図絵師・吉田初三郎がいる。初三郎は生涯3千点以上の鳥瞰図を作成し、「大正広重」と呼ばれた。

▼「初三郎式絵図」と呼ばれる独自の作風には、見えないはずの富士山やハワイなどが描かれるなど大胆なデフォルメと遊び心がある。その大胆な構図とは裏腹に、中心には地域の暮らしの場や路地が細かく描かれている。迷い込んでみたくなるような路地には不思議な魅力がある。遠来の訪問客を空からの大きな構図で惹き付け、そして路地に誘う。そんな意図が込められているように思えてならない。

▼一枚の鳥瞰図は、それ自体が一つの物語である。大胆な絵図面からは、その土地が持つ固有の地政学的優位性が瞬時に分かる。その地形に沿った植生や生態が描かれ、その下に独特の都市の構造や産業・文化・暮らしぶりという社会が見える。

▼地域の人々は、日々の忙しさにかまけて自らの地域を見失っている。観光まちづくりとは、こうした俯瞰する目で改めて地域をダイナミックに捉えなおす行為ではないか。

(公益社団法人日本観光振興協会総合研究所長・丁野朗)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

コラム石垣 2016年2月21日号 中村恒夫

時事通信社監査役・中村恒夫

中国の景気減速に端を発し、世界的な先行き不透明感が増している。前倒しが決まった2017年新卒の採用活動も売り手市場のままだとは限らないだろう...

前の記事

コラム石垣 2016年2月1日号 宇津井輝史

文章ラボ主宰・宇津井輝史

産業革命は偶然には起きない。五体の限界を科学技術が代替できるレベルに達したときに実現する。速く移動したい願いが内燃機関をつくり、空を飛び...

関連記事

コラム石垣 2022年1月1日号 コラム「石垣」執筆者に聞く 2022年の展望

コラムニスト 宇津井輝史/NIRA総合研究開発機構 理事 神田玲子/観光未来プランナー 文化庁日本遺産審査評価委員 丁野朗/時事総研 客員研究員 中村恒夫/政治経済社会研究所 代表 中山文麿

日本商工会議所100周年を迎える2022年。いまだコロナ禍の収束を見ない中、時代はどう変わるのか。本紙コラム「石垣」執筆者に、今年の日本と世界の...

コラム石垣 2021年12月11日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

先日、久しぶりに友人と会った。先の衆議院選挙について「成長と分配ということだけれど、今更何を言っているのか」と首をかしげた。確かに、成長...

コラム石垣 2021年12月1日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月の8~11日、中国共産党の第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)が北京で開催され、習近平国家主席の主導の下、共産党の第3回の歴史決議が...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする