コラム石垣 2014年11月21日号 宇津井輝史

人の親切は身にしみる。その土地に不案内な旅行者にはどの国の人も親切だが、日本に生きていると、とりわけ親切に出会うことが多い。海外からの旅行者も、日本人の美質として押し並べて「親切さ」を挙げるところをみれば、あながち日本の自画自賛ではあるまい。昭和40年代、小さな親切運動が推奨されたのを記憶している人は少ないだろうが、実感から言えば、対人関係における社会の親切の総量は当時もいまも変わらない。

▼文科省所管の統計数理研究所が5年ごとに行っている「国民性調査」の結果を先月末に発表した。それによれば、「たいていの人は他人の役に立とうとしている」と答えた人が過去最高の45%にのぼり、「自分のことだけに気を配っている」(42%)を初めて逆転したという。日本人の長所を尋ねた質問では、「礼儀正しい」が77%、「親切」が71%でいずれも過去最高だった。特に「親切」が前々回の41%、前回の52%を大きく上回ったのは、大震災や水害などでの人々の献身的ふるまいが影響したろうが、日本人の(利己的ではない)利他的な心のありようが示されたのではあるまいか。

▼一方いま、米軍基地が集中する沖縄の負担をどう軽減するか、放射性廃棄物の最終処分地をどこにするか、私たちに難しい問題が突きつけられてもいる。誰かが引き受けねばならない問題を「みんな」で解決する方法とはどんなものか。遠くの総論には賛成するも、近くの各論には反対しがちな傾向があるのは人の常でもある。どこの国でも同種の問題と無縁ではない。国家とは共同体である。同朋意識はその精神的基盤だ。絆の尊さやつながる便利さばかりが叫ばれる昨今だが、いま「大きな親切」が問われている。

(文章ラボ主宰・宇津井輝史)

次の記事

コラム石垣 2014年12月1日号 丁野朗

公益社団法人日本観光振興協会総合研究所長・丁野朗

産業や地域は、「静脈」をケアしながら再生・発展してきた。静脈とは、いわゆる生産の残渣(ざんさ)としての廃棄物や、産業・都市発展とともにその...

前の記事

コラム石垣 2014年11月11日号 神田玲子

神田玲子・総合研究開発機構研究調査理事

日本の政治は安定を取り戻したのか。第二次安倍内閣も2期目を迎え、今のところ致命的な失敗もなく、絶妙な舵取りに成功しているように見える。しか...

関連記事

コラム石垣 2021年11月21日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

日本のインベスターリレーションズ(投資家向け情報提供=IR)活動普及に尽力した故石黒徹氏の追悼文集が知人から送られてきた。この中で同氏の「...

コラム石垣 2021年11月11日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が解除されて以来、世の中の動きがにわかに加速した。ありがたいことだが、年度単位の国・自治体の業務など...

コラム石垣 2021年11月1日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

1961年にソ連のガガーリン飛行士がボストーク1号で人類初の有人宇宙飛行に成功してから60年。宇宙へ向けた人類最初の目標は月だった。1968年に米国...