日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年1月21日号 丁野朗

数年前、国土交通省鉄道局の地域鉄道活性化委員会に参加させていただいた。全国の地域鉄道は約90。その8割が赤字で苦しむ。中には明日、廃線になってもおかしくない鉄道が数多く含まれる。

▼原因は言うまでもないが、極限まで進んだクルマ社会と都市のスプロール化である。しかも沿線の人々も電車に乗らない。乗客が減ると運行間隔を減らし、時には運賃も値上げする。そのことが客離れをさらに加速し、結果、経営を圧迫するという悪循環を生んだ。

▼車があれば住まいは鉄道沿線でなくてもいい。近くに大型ショッピングモールでもあれば日常の買い物にも不便はない。こうした都市のスプロール化により、さらに鉄道客が減り、中心市街地の空洞化が進むという現象を加速した。

▼しかし、おかしなことに、こんな車社会で、若者たちの車離れが進んでいる。これは若者たちの大都市集中がさらに進んだ結果である。全国平均のマイカーによる移動率(自動車分担率)は6割にも達している半面で、東京23区ではマイカー利用は1割に過ぎない。大都市では車は不要であることが若者の車離れを加速している。長年続いた自動車メーカーの戦略自体が、若者の車離れを加速するという皮肉な現象である。

▼人口減少と中心市街地の疲弊・空洞化を観光による交流人口増加に期待する地域は多い。だが、市民も乗らない不便な交通機関には観光客も乗ることはない。もっと言えば、人が歩かない寂れた街中を喜ぶ観光客などいない。

▼地元の人々が車を制限し、モータープールに停めて街中を回遊する。そのことが中心市街地の再生には不可欠であり、観光客にも支持される地域再生ではないか。

(東洋大学大学院国際観光学部客員教授・丁野朗)

次の記事

時事通信社取締役 中村恒夫

2月になったばかりだが、来春の大学新卒者を対象とする採用活動はすでに、かなり進行しているようだ。日本経団連が示した『採用選考に関する指針』は、広報活動開始時期を3月、…

前の記事

文章ラボ主宰 宇津井輝史

いまから6500万年前、地球上から恐竜が突然消えた。原因は長く科学界の謎とされ、諸説交錯した。絶滅が、巨大隕石の衝突によると断定したのは米国の物理学者アルバレス父子だっ…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

中国の習近平国家主席は尖閣諸島を台湾と同じく核心的利益と位置付けている。同氏は国家主席の定年制を撤廃して終身任務に就くことを可能とし、国民に「中国の夢」を語り、建国…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

例年の春ならば、都心を忙しそうに歩く就活生の姿がめっきり減った。オンラインによる面接が一般化してきたためだろう。面接室に入って来たときのあいさつ、複数の面接官に対す…

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって開かれた1300年の歴史を持つ古…