日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年2月1日号 中村恒夫

2月になったばかりだが、来春の大学新卒者を対象とする採用活動はすでに、かなり進行しているようだ。日本経団連が示した『採用選考に関する指針』は、広報活動開始時期を3月、選考を6月に設定している。しかし、売り手市場が続く中で期限を厳守していたら、優秀な学生をライバル会社に奪われてしまう。そう考えた多くの大企業がインターンシップを名目に、事実上の選考を進めているのが実態だと言えよう。

▼「社名を聞いたことがあっても、事業の中身が分かりにくいと学生は関心を持ってくれないんです」と、ある素材メーカーの幹部は自信なさそうに話す。消費者向け商品を扱っているわけでもないのに、同業種の企業がイメージ広告をテレビなどで流しているのは、そうした学生を念頭に置いているからだという。社名も浸透していない中堅・中小企業にとって、採用活動は一層厳しいものになっているに違いない。

▼日本を代表するメーカーの内定を断った知人の息子さんは、知る人ぞ知るという専門商社に就職を決めた。「扱っている商品の社会的重要性、グローバルな影響力に惹かれたらしい」と知人は説明している。待遇や知名度は二の次だったわけだ。

▼働き方改革が求められる中で、給与水準だけでなく、勤務時間をはじめとする勤労条件の中身が就職先を決める際、判断材料の一つになっている。同時に大事なのが、企業としてのアピールポイントの確立である。消費者に直接触れ合う機会の少ない企業は、自社で扱っている製品やサービスが、社会にどのような形で貢献しているのかを強く訴えるべきだ。入社した動機を、誇りを持って周囲に話せない企業には、学生が集まってくることはない。

(時事通信社取締役・中村恒夫)

次の記事

政治経済社会研究所代表・中山文麿

今年初め、米ゼネラル・モーターズ(GM)は来年から無人運転の車を製造し、タクシーで使いたいとの方針を発表した。この自動車にはハンドルや、アクセルとブレーキのペダルが無い…

前の記事

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

数年前、国土交通省鉄道局の地域鉄道活性化委員会に参加させていただいた。全国の地域鉄道は約90。その8割が赤字で苦しむ。中には明日、廃線になってもおかしくない鉄道が数多…

関連記事

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって開かれた1300年の歴史を持つ古…

コラムニスト 宇津井輝史

インドでは街中を牛が闊歩する。神の使いゆえ、クラクションを鳴らしてはいけない。一方デリーのような大都会で猿が走り回り、生活圏でトラの恐怖と隣り合わせのインドは野生の…

都市にも「逆転」は起こり得る。パリの中央部をゆったりと流れるセーヌ川。今でこそ観光客でにぎわう名所だが、19世紀半ば頃は、異臭が立ち込めるコレラ菌の発生源であった。当…