日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2014年5月21日号 中山文麿

米マイクロソフトは2001年から販売してきたパソコンのオペレーティングシステム(OS)であるウィンドウズXPのサポートを4月9日に打ち切った。一般のユーザーは購入時にはこのような事態を予想していなかった。

▼電気製品は配線が切れたり、モーターの劣化などハード面の不具合によって使用できなくなる。それがメーカー側に責任がある場合、リコールなどによって無償で修理してもらえる。

▼しかし、マイクロソフトの今回のXPのサポート打ち切りはソフトのセキュリティー上の問題であり、最新版のOSよりも21倍もウイルスに感染しやすいと発表している。従来ソフトの改訂版などの更新は、ユーザー側に選択権があった。しかし、今回は微妙だ。

▼XPは確かに操作面で多少スピードが遅いとか、最新版のウィンドウズ8で送られてきたファイルが開けないなどの不便がある。しかし、一応機能的に満足しているので使い続けたいという人もいる。ただ、もし自分のパソコンがウイルスに感染してしまうと、パソコン内に保存されていた重要なデータが破壊されたり、個人の金融機関の暗証番号などが流出したり、金銭的損害は甚大だ。

▼さらに今回厄介なのは、本人の被害だけで終わらないことだ。インターネットでつながっている友人にまで迷惑をかける恐れがある。まして、ビジネスをやっている場合にお客に多大の迷惑をかけると企業の信用を著しく損なうことになる。

▼現在、個人も企業も新しいソフトに入れ替えざるを得ない状況に追い込まれつつある。今回のウィンドウズXPのサポート打ち切り騒動は新しいネットワーク社会に潜むリスクとその対応について考えさせられた。

(中山文麿・政治経済社会研究所代表)

次の記事

神田玲子・総合研究開発機構研究調査部長

2040年までに自治体の3割が消滅するという予測が世間をにぎわせている。それを防ぐためには、東京への一極集中を是正すべきだというが、果たして可能なのか。人が東京に集まる…

前の記事

時事通信社経理局長・中村恒夫

「最悪の経験は最良の薬でした」―。新たに起業したサービス関連会社が順調に業容を拡大していると話した後、この女性経営者は華やかな笑顔を見せた。そこには、ここ数年間彼女…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

中国の習近平国家主席は尖閣諸島を台湾と同じく核心的利益と位置付けている。同氏は国家主席の定年制を撤廃して終身任務に就くことを可能とし、国民に「中国の夢」を語り、建国…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

例年の春ならば、都心を忙しそうに歩く就活生の姿がめっきり減った。オンラインによる面接が一般化してきたためだろう。面接室に入って来たときのあいさつ、複数の面接官に対す…

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって開かれた1300年の歴史を持つ古…