日豪経済委 ターンブル首相歓迎昼食会 両国関係強化で一致

ターンブル首相(右から4人目)と各団体首脳(写真提供:在日オーストラリア大使館)

日本・東京商工会議所が事務局を務める日豪経済委員会は1月18日、マルコム・ターンブル豪州首相歓迎昼食会を都内で開催した。昼食会には、両国の政財界から、日本側136人、豪州側39人が出席した。

ターンブル首相は、インド太平洋地域での両国の長年の安全保障・経済発展への貢献、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)など、両国が多国間自由貿易の枠組みのリーダーであること、安全保障・防衛産業への両国関係の強化などについて発言した。また、資源分野・科学技術ほか幅広い分野での貿易投資の拡大を歓迎するとともに、共通の利益・価値観を共有する両国の今後一層の関係強化を図っていく考えを示した。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする