日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 先輩起業家から学ぶ 学生らオンラインで交流

ビデオ会議の様子

京都商工会議所では、今年度より「京商知恵基金」を活用した京都・知恵アントレプレナーシップ支援プログラム(K-CAP)事業に取り組んでいる。その一環として5月16日、若者が起業について習得できる新しいイベント「Lunch&Learn Meeting」の第1回を開催した。

同イベントは、昼食を取りながらリラックスした雰囲気の中、先輩起業家の成功の秘訣(ひけつ)を聞いたり、課題を相談したりできる機会を無料で提供する。今年度に5回開く計画で、先輩起業家2人と高校生から社会人まで15人の参加者が、各回設定されたテーマについて話し合うことにしている。

第1回は、新型コロナウイルスの影響により、ビデオ会議システム「zoom」を用いて実施した。学生起業家による司会進行の下、「なぜ起業という道を選んだのか」をテーマに行われた。

イベントを終えて参加者は、「これから社会が変わっていく中で、自分自身も日々努力し変化することが大切だと思った」「現在、商品開発に取り組んでいるが、今回のミーティングでさらなる覚悟、モチベーションにつながった」と話し、今回のイベントが若者のやる気を促進させたことがうかがえる。

第2回は、女性起業家2人を招き、「学生起業家という道を決心する」というテーマで、7月4日に開催する予定だ。

次の記事

セレクト地域短信 桜のフォトコンテスト 入賞者決定、作品公開中

大分県 津久見商工会議所

津久見商工会議所(大分県)は5月17日、「2020つくみ桜フォトコンテスト」入賞者の表彰式を同所で開催した。同コンテストは、観光資源である津久見市...

前の記事

セレクト地域短信 瀬戸内の果実が琥珀糖に 農商工連携で商品開発

愛媛県 松山商工会議所

松山商工会議所(愛媛県)と松山市の老舗菓子舗、一六本舗は、瀬戸内の果実を使った琥珀糖(こはくとう)「瀬戸内こはく果」を共同開発し、4月16日、販...

関連記事

セレクト地域短信 オンラインで夏祭り開催 地元テレビで生放送

長野県 塩尻商工会議所

塩尻商工会議所(長野県)は、「玄蕃(げんば)まつり」「草競馬」「花火大会」などの夏のイベントを一体化し、行政や観光協会などと連携して、「お...

セレクト地域短信 新野球拳おどり配信 ロック調に大胆アレンジ

愛媛県 松山商工会議所

松山商工会議所(愛媛県)に事務局を置く松山まつり実行委員会は、郷土芸能である「野球拳おどり」の新たな踊り手の確保と今後の誘客につなげよう...

セレクト地域短信 スマホでスタンプラリー開催中

岐阜県 関商工会議所

関商工会議所(岐阜県)はこのほど、関信用金庫と共に飲食店を応援するモバイル型スタンプラリー「みんなで応援! グルメ・スタンプラリー」を開始し...