真壁昭夫の経済底流を読み解く 懸念される際限なき 金融緩和のリスク

7月末の日銀の金融政策決定会合を境に、国内の国債市場の動向が不安定になっている。本来であれば、金融緩和観測がくすぶっていることを考えると、国債の流通利回りには低下圧力がかかってもいいはずだ。ところが、実際にはそうした動きが進んでいない。ある債券トレーダーは「追加緩和よりも冷静な市場とのコミュニケーションが進んでほしい」と言っていた。彼の言わんとするところは、日銀と金融市場との間のコミュニケーションに問題が発生していることだ。多くの市場参加者が同じ考えを持っているはずだ。

7月の決定会合後、黒田東彦総裁はマイナス金利の深掘りなどさらなる金融緩和は可能と、これまで通りの強気発言を続けている。これを額面通り受け止めると、今後の決定会合では何らかの追加緩和が決定される可能性が高い。7月の決定会合では、市場参加者の期待とは異なりETF買入れ額の倍増を軸とする追加緩和が決定された。これが市場の失望トレードにつながり、8月以降、金利は大きく上昇している。これまでと違うのは、金利がある程度上昇しても買いが入りづらいことだ。この背景には、今後の決定会合への警戒がある。そこで日銀は、物価および経済情勢、そして金融政策の効果に関する〝総括的な検証〟を行う。これに対してエコノミストらは、日銀はこれまでの政策の正当性を評価しつつ、政策の修正を行うと考えているようだ。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

真壁昭夫の経済底流を読み解く 日銀の方針転換とアベノミクス 無料会員限定

真壁昭夫

日本銀行は政策決定会合で金融政策の枠組みを転換した。この方針転換は、日銀が、「お金の供給量を増やせば物価は上がる」という考えの限界を認め...

前の記事

真壁昭夫の経済底流を読み解く 劇薬政策“ヘリコプターマネー” 無料会員限定

真壁昭夫

ベン・バーナンキ元FRB議長の来日をきっかけに、〝ヘリコプターマネー〟なる経済政策が注目を集めている。7月14日、安倍晋三首相の経済ブレインの...

関連記事

真壁昭夫の経済底流を読み解く 不動産企業の破綻懸念で注目されるチャイナリスク 無料会員限定

真壁昭夫

今年9月、中国の大手不動産デベロッパーである恒大集団(エバーグランデ)の破綻懸念が高まった。同社の債務問題は、中国の不動産企業が抱える多額...

真壁昭夫の経済底流を読み解く 脱炭素と自動車業界の環境変化

真壁昭夫

今年7月、欧州委員会は2035年にEU圏内でのガソリン車などの販売を事実上禁止して電気自動車(EV)などへの移行を目指す方針を示した。ハイブリッド...

真壁昭夫の経済底流を読み解く コロナウイルス感染再拡大で不確実性高まる日本経済

真壁昭夫

足元で世界的に新型コロナウイルスの感染が再拡大し、景気の先行きの不透明感が出ている。コロナウイルスの変異株は、世界経済全体にとって間違い...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする