真壁昭夫の経済底流を読み解く 日銀の方針転換とアベノミクス

9月21日、日本銀行は政策決定会合で金融政策の枠組みを転換した。この方針転換は、日銀が、「お金の供給量を増やせば物価は上がる」という考えの限界を認めたとも言える。その意味では、金融政策の大きな枠組みの転換だ。日銀は新しい枠組みとして〝長短金利操作付き量的・質的金融緩和〟を導入した。この政策は、短期と長期の金利水準を日銀がコントロールすることを目指す。日銀は、各年限の金利水準をつないだ曲線(イールドカーブ)の傾きを急峻(しゅん)にして金融機関の収益確保に配慮し、金融緩和を続けることを決めた。

この政策には二つのポイントがある。一つ目は、資金供給量を増やせば物価は上昇するとの〝リフレ理論〟の限界を認めた点だ。量的・質的金融緩和の導入以降、日銀は「量の拡大には限界がない」と主張し、一貫してお金の供給量(マネタリーベース)の増加を通して2%の物価目標を達成しようとした。しかし、足元では物価が下落し、物価目標は実現できていない。これはお金の量を重視した政策の限界を示している。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

真壁昭夫の経済底流を読み解く “ハードブレグジット”の懸念と世界経済 無料会員限定

真壁昭夫

最近、経済専門家の間で、英国のEU離脱交渉に関する見方が分かれている。英国の離脱交渉に関しては世界経済に与える影響が大きいと見られるものの...

前の記事

真壁昭夫の経済底流を読み解く 懸念される際限なき 金融緩和のリスク 無料会員限定

真壁昭夫

7月末の日銀の金融政策決定会合を境に、国内の国債市場の動向が不安定になっている。本来であれば、金融緩和観測がくすぶっていることを考えると、...

関連記事

真壁昭夫の経済底流を読み解く 世界的な物価上昇の圧力と金融政策 無料会員限定

真壁昭夫

2022年に入って、世界的に物価上昇の圧力が一段と高まっている。米国では、消費者物価指数が約39年ぶりの高水準となり、連邦準備制度理事会(FRB)...

真壁昭夫の経済底流を読み解く 脱炭素とカーボン・クレジット市場の混乱

真壁昭夫

世界的に脱炭素の潮流が進んでいる。主要国の産業界はその準備に全力を挙げているものの、まだ完全に脱炭素に向かうプロセスを確立できていないの...

真壁昭夫の経済底流を読み解く TSMCが熊本に半導体新工場建設

真壁昭夫

台湾積体電路製造(TSMC)が熊本に新工場を建設すると表明した。新工場にはソニーグループとデンソーが参画し、回路線幅22~28ナノメートル(ナノ...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする