日商 Assist Biz

更新

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】介護休業の分割取得、介護休暇の取得単位について

Q 弊社では、これまで介護休業制度を利用する者がおりませんでしたが、今回初めて管理職である社員から介護休業を取得したい旨の申し出がありました。該当社員は、平成29年1月1日より介護休業の分割取得が認められるようになったので早速分割取得したいそうですが、どのように変更になったのでしょうか。また、あわせて介護休暇の取得単位についての変更点についても教えて下さい。

A 平成29年1月1日より、介護休業について、対象介護1人につき通算93日まで3回を上限として分割して取得することが可能となりました。また、介護休暇については、半日単位(所定労働時間の2分の1)での取得が可能となります。

仕事と介護の両立を目指して

少子高齢化により、今後は誰しもが介護問題に遭遇することが見込まれます。介護問題を抱える社員が、仕事と介護の両立に悩んでいても言い出せず、周囲が気づかないまま退職に至るという可能性もあります。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

第一法規株式会社

介護離職を防止する目的で、介護が必要な家族を抱える労働者が、介護休業や柔軟な働き方ができる制度をさまざまに組み合わせ、介護サービスなどを十分に利用できるよう「育児・…

前の記事

第一法規株式会社

激甚災害法(「激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律」)は、災害復旧事業の国庫補助のかさ上げなど地方公共団体に対して財政援助を実施するもので、社会的イ…

関連記事

第一法規株式会社

昨今BYOD(私物デバイスの業務利用)が話題となっていますが、当社では、これまで個人所有のパソコンや携帯電話などの使用については、特段の制限などは設けていません。何か特…

第一法規株式会社

当社では、出退社管理にタイムカードを使用していますが、昨今の感染症による影響などで、タイムカードを打刻できない場面が増えてきています。「労働時間の客観的な方法による…

第一法規株式会社

当社では、出退社管理はタイムカードを使用していますが、働き方改革の一環で労働関連法が改正されて「労働時間の客観的な方法による管理義務」が課せられることになったと聞き…