日商 Assist Biz

更新

スポーツライター 青島健太の注目アスリート プロ野球後半戦 覚醒した柳田選手に注目

写真提供:産経新聞

甲子園球場で行われたプロ野球、マツダオールスターゲーム第2戦(7月19日)。北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手が、1回から日本人投手最速の時速162キロをマークしたことで、すべての話題をさらわれた感があるが、この選手の活躍を忘れてはいけない。

福岡ソフトバンクホークス、柳田悠岐選手(右投げ左打ち25歳)だ。6回、柳田選手のバットが火を吹く。中日ドラゴンズ、山井大介投手の低めの直球を叩いた打球は、弾丸ライナーでバックスクリーン横に飛び込んでいく。本人も「ボールを叩きつぶそうと思って打った」とコメントしているが、まさにボールが悲鳴をあげそうな打球だった。柳田選手は、この一発を含め4安打の大暴れ。1回には先頭打者で出塁した直後に盗塁も決め、文句なしのMVP(賞金300万円)に輝いている。

入団4年目の柳田選手は、和製大砲として将来を嘱望されてきた。身長187センチ。恵まれた体格から放たれた打球は、誰よりも飛んだ。

しかし、去年までの彼はグラウンドで話しかけても、どことなく落ち着かない様子だった。若さや照れもあったのだろうが、まだまだ自分のスタイルに自信が持てなかったのだろう。ところが今シーズンの柳田選手は違う。囲まれた取材陣とも堂々と話し合い、今やチームの顔になっている。

それもそのはず。前半戦を終えて打率はリーグ2位の3割3分7厘、打点もリーグ3位の51打点、本塁打も12本打っている。それでもまだまだ納得していないのか、前半戦最後のカードとなった千葉ロッテマリーンズ戦の練習では、李大浩選手のバットを借りて試し打ちをしていた。「このバット、すごくバランスがいいんですよ。自分のバットがおもちゃみたいです」と、仕事道具(バット)への探求も怠らない。

オールスターゲームの4回には、センターからの好返球で2塁走者のトニ・ブランコ(横浜DeNAベイスターズ)を刺した。「おいしい場面だったので、(本塁へ走ってくれて)ありがたいと思いました」

自信をつけた若者ほど怖い存在はない。そんな柳田選手の成長に秋山幸二監督も目を細める。チームの躍進に若手の活躍は欠かせない。その躍動がチームを活性化する。ホークスの後半戦は、攻・走・守において柳田選手が鍵を握っている。

青島 健太 スポーツライター&キャスター 1958年新潟市生まれ。埼玉県立春日部高校から慶応義塾大学、東芝を経てヤクルト・スワローズに入団。プロ野球初打席で初ホームランを記録。引退後は、オーストラリアで日本語教師を務め、帰国後、あらゆるメディアでスポーツの醍醐味を伝えている。

次の記事

木村沙織

女子バレーボールの日本代表が、革命的な戦術に取り組んでいる。その名も「ハイブリッド6」だ。それぞれタイプの異なるものを混成するという意味を持つハイブリッド。「ハイブ…

前の記事

日本 スポーツ文化

サッカーW杯ブラジル大会でも日本から来たサポーターが、同様の行為で世界中の賞賛を得た。試合を観戦したサポーターが、スタンドに散らかったゴミをきれいに掃除して帰ったか…

関連記事

上野由岐子

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボール日本代表の上野由岐子投手…

渡辺一平

東京辰巳国際水泳場で4月に行われた競泳日本選手権。韓国で開催される世界選手権(7月)の代表選考を兼ねた大会だけに、有力選手の泳ぎに注目が集まった。バタフライと個人メド…

吉田正尚

強烈なアピールだった。2020年東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表の4番候補にオリックス・バファローズの吉田正尚(まさたか)選手(外野手)が名乗りをあげた。3月9、10日と…