日商 Assist Biz

更新

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】 雇用管理に関する委託と個人情報

Q 当社は、従業員の給与計算などに必要なデータ入力、編集業務などをグループ会社に委託していますが、個人情報保護法との関係で気を付けることは何かありますか。

A 例えば、従業員の氏名、生年月日、収入、家族関係に関する情報やマイナンバーなどは個人情報保護法における個人情報です。これらを自社以外の第三者に提供する場合、本人の同意が必要となります。提供先がグループ会社でも別法人であれば第三者提供に該当するので注意が必要です。

なお個人情報取扱事業者が従業員の給与計算などに必要な業務の委託に伴って個人情報を取り扱う場合には、例外的に第三者提供には該当せず、本人の同意なしでも可能です。ただし、委託先において個人データの安全管理が図られるように必要かつ適切な監督を行わなければなりません。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

第一法規株式会社

当社でも36(サブロク)協定を締結することを予定していますが、その締結にはどのような手続きが必要ですか。また、具体的にどのような内容の協定を結べばいいのか、延長できる…

前の記事

第一法規株式会社

顧客の住所、氏名などの個人情報が第三者に漏れた場合、情報の悪用がなくともプライバシー侵害になります。個人情報の管理に過失が無くても、貴社は民法の使用者責任に基づいて…

関連記事

第一法規株式会社

昨今BYOD(私物デバイスの業務利用)が話題となっていますが、当社では、これまで個人所有のパソコンや携帯電話などの使用については、特段の制限などは設けていません。何か特…

第一法規株式会社

当社では、出退社管理にタイムカードを使用していますが、昨今の感染症による影響などで、タイムカードを打刻できない場面が増えてきています。「労働時間の客観的な方法による…

第一法規株式会社

当社では、出退社管理はタイムカードを使用していますが、働き方改革の一環で労働関連法が改正されて「労働時間の客観的な方法による管理義務」が課せられることになったと聞き…