この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】デザイン画が類似しているというクレーム

第一法規株式会社

本件では、不正競争防止法(不正競争の防止及び不正競争に係る損害賠償に関する措置等を規定)の周知表示混同惹起(じゃっき)行為(法2条1項1号)が...

前の記事

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】 従業員が刑事事件を起こしてしまったときは、早めの対応を

第一法規株式会社

誰でも交通事故を起こして刑事事件の当事者になったり、酒に酔い前後不覚になり事件を起こしてしまう可能性があります。刑事事件を起こしてしまう...

関連記事

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】変わるスキャナ保存制度、どう対応すればよいか? 無料会員限定

第一法規株式会社

Q当社は、小規模企業です。スキャナ保存制度が緩和され、スマートフォンやデジタルカメラで撮影したものも認められるようになりましたが、領収書の...

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】パワーハラスメントの防止(下)

第一法規株式会社

Q最近パワーハラスメントの相談が増えてきています。会社としてパワーハラスメント防止対策を行っていく必要性を実感していますが、パワーハラスメ...

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】パワーハラスメントの防止(上)

第一法規株式会社

Q最近パワーハラスメントの相談が増えてきています。会社としてパワーハラスメント防止対策を行っていく必要性を実感していますが、パワーハラスメ...

月刊「石垣」

20226月号

特集1
企業100年の礎は人材にあり! 地域密着型企業の"人財開発"育成術

特集2
地域と企業とともに100余年 “100年商工会議所”が打つ次代への一手

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする