日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「パットで差をつける」12 のポイント Lesson 7 目でボールの行方を追うな!

ストローク中に頭が左に動くと、軌道がアウトサイドインになって引っ掛けてしまう

以前、パッティングミスのパターンを調べたことがあります。アマチュアゴルファーの場合、ミスの7割が左への引っ掛け、残りの3割が右へのプッシュアウトでした。左に引っ掛ける人が多いのは、〝頭で打っている〟から。他の人がパッティングする様子を見てください。もし、その人が左に外すようなら、打った後に頭が左に動いていることが分かるはず。それは、まるでサッカーのヘディング、頭でボールを打っているような動きです。

アマチュアゴルファーの多くは、同じようにストローク中に頭が左に動きます。その結果、左に外してしまうのです。引っ掛けが続くと、意識して矯正しようとするため、今度は逆に右へ押し出してしまうことになります。

どうして、多くの人が頭を動かしてしまうのでしょうか。それは「入れたい」「打ったボールの行方を見たい」という気持ちが強過ぎるから。そのせいでどうしても頭が動いてしまうのです。それを防ぐには、ボールを目で追わないこと。カップインするか止まるまで、フィニッシュの形を維持することが大切です。目で追わずに、ボールの動きをイメージできるようになれば距離感も養えて、一石二鳥です。

フィニッシュの形を維持すると左右の脇腹の辺りがキツく感じると思います。それが腹筋と背筋でストロークしている感覚なのです。あとは、イラストのように4本のティを刺して、フィニッシュのときにパターのヘッドがその中に収まるように練習をしてください。頭のブレがかなり改善されるはずです。また、フィニッシュを解いたとき、右手1本でパターを持つような力の入れ方をしていると、どうしても頭が動きやすくなってしまいます。左手1本で持つようにするといいでしょう。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

パッティングは、ほかのショットと違い、ターゲットがカップという非常に小さなものです。だから、許容されるズレも非常に小さいことが特徴です。それだけに、クラブのフェース…

前の記事

江連忠

「正しい位置」というのは、構えたときの左目の真下にボールがあるということ。試しに、ボールを置いて構えてみてください。そのときに、誰かに左目の真下にボールを置いてもら…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…