日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「パットで差をつける」12 のポイント Lesson 8 真っすぐに構えて真っすぐなスピンで打つ

真っすぐにゴムひもを張って、その線に沿ってストロークする

パッティングは、ほかのショットと違い、ターゲットがカップという非常に小さなものです。だから、許容されるズレも非常に小さいことが特徴です。それだけに、クラブのフェースが少しでも開いたり、ヘッドの軌道がブレたりすると、致命的なミスとなってしまいます。それにもかかわらず、アマチュアゴルファーの多くは、フェースの向きや軌道にあまりにも無頓着です。自分ではフェースを真っすぐに向けて、真っすぐに打っているつもりでも、そうはなっていない人が非常に多いのです。

中には「フェースを開いてカット(*)に打っても狙ったところに行けばいい」と思う人もいるかもしれません。しかし、それではサイドスピンがかかり、ボールの転がりがよくないので、確実性に欠けます。やはり真っすぐに構えて、真っすぐなスピンで打つ方が、カップインする確率が高いと言えます。とはいえ、プロでも目の錯覚などが邪魔をしますから、「真っすぐに打つ」というのは難しいことです。では、真っすぐ打つための練習はどうすればよいか。まず、イラストのようにゴムひもで真っすぐのラインをつくり、それに沿ってストロークする練習をするといいでしょう。

また、ヘッドの動きを1㎜も狂わせたくないという人のためには、もっとハードなものもあります。パターヘッドの長さギリギリでティを2本刺して構えます。この2本のティに当たらないようにストロークするのです。最初は、ほとんどの人がティに当ててしまうはず。練習を続けていると、ティに当てずにストロークするには、体のどの筋肉をどう使えばいいかを考えるようになります。使うのは手先ではなく、腹筋、背筋などの大きな筋肉。それが身をもって分かるようになったら、合格です。

*クラブヘッドがアウトサイドインの軌道で打っている状態のこと

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

高速グリーンは難しいと思う人は多いかもしれません。でも、大丈夫。特別な打ち方は必要ありません。グリーンが速くても遅くても、基本は同じ。常にカップを30~40㎝オーバーす…

前の記事

江連忠

以前、パッティングミスのパターンを調べたことがあります。アマチュアゴルファーの場合、ミスの7割が左への引っ掛け、残りの3割が右へのプッシュアウトでした。左に引っ掛け…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…