日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 公道で自動走行実験 電動カート 全国初の試み

出発式であいさつする里谷会頭

「輪島塗」や「朝市」、NHK連続テレビ小説「まれ」の舞台としても知られる石川県輪島市。人口約2万8千人のうち65歳以上の高齢者が約43%を占めるという。同市は人口減少や少子高齢化、財政難などにより公共交通機関が衰退。高齢者や観光客の移動手段が必要とされてきた。この問題を解消するため、輪島商工会議所が中心となり、ゴルフ場で使用される電動カートを公道でも走行可能なカートに改良し、その導入を進めてきた。

輪島商工会議所は11月15日、電動カートの公道における自動走行実証実験の出発式を市内観光施設で行った。電動カートによる公道の自動走行は全国初という。同所では、平成26年から市内の観光施設などを電動カートで巡るコースを設定し、有人運転を開始。今回の実験は、29年4月以降の自動走行の本格実施に向けて行われたものだ。電動カートは4人乗りで、ゴルフカートにミラーや方向指示器などの必要な装備やシステムをつけて改良した。軽自動車の「ナンバー」が交付されている。

現行の道路交通法では無人運転は認められていないため、運転者が乗り込む必要があるが、発車ボタンを押すと道路に埋設された電磁誘導線上を自動で走行する。最高速度は時速12Km。狭い道路や曲り角では自動で速度調整が行われ、方向指示器も自動で作動する。また道路上に障害物がある場合は有人運転に切り替えることができ、その後自動走行に戻すことができる。

同所の里谷光弘会頭は「公共交通機関が少なく引きこもりがちの高齢者や、当地に来られた観光客の足として商店街での買い物などにぜひ活用してもらいたい。交通が便利になると人も集まるので、中心市街地の活性化にもつながる」と話した。

次の記事

滋賀県 彦根商工会議所

彦根商工会議所(滋賀県)は10月27日、「ひこねアスパラガス生産説明会」を開催した。同所は、平成26年より地域資源を活用したブランド開発に取り組み、優れた品質と歴史を誇る彦…

前の記事

石川県 七尾商工会議所

七尾商工会議所(石川県)は1日、のと共栄信用金庫、城巡り支援サイトを運営する攻城団(こうじょうだん)と共に、「七尾城の魅力発見と発信のプロジェクト」を開始、七尾城を中心…

関連記事

岩手県 久慈商工会議所

久慈商工会議所(岩手県)は、新型コロナウイルスの影響を受けている飲食・交通業などの消費喚起を促し地域経済の活性化につなげるため、久慈市の事業委託を受け、市内で使える商…

福岡県 田川商工会議所青年部

田川商工会議所青年部(福岡県、田川YEG)は、会員事業者が店頭などに掲示して新型コロナウイルス拡大防止対策をアピールできるA4判ポスター「安心安全対策おしながき」を5千部制…

岡山県 総社商工会議所

総社商工会議所(岡山県)は、総社市の魅力や企業情報・採用情報、イベント情報などを発信する「そうじゃのミライ」プロジェクトの一環として、YouTubeに専用チャンネルを開設し…