日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 「鯖と鰯のぬかみそだき」

「御贈答用」特撰鯖3切(約300g)と特撰鰯3尾(約300g)のセットで2808円(税込)

漬け物、ふりかけ、おかずみそ……。ご飯の友はいろいろあるが、北九州の人々にとって〝ご飯の親友〟ともいえるスペシャルな一品が鯖(サバ)や鰯(イワシ)の「ぬかみそだき」だ。色も見た目も決して良くはない。おまけにぬかみそが魚の周りにへばりついていて、初めて食べるときには一瞬躊躇(ちゅうちょ)する。しかし、一度食べたら誰でもそのうまさにうなるはず。優しい甘味の中に多少の辛味、苦味、そして、ぬかの独特の香りと味わいが味覚を刺激し、脳天を直撃する。鯖や鰯の身はどこまでもなめらかで、骨まで味が染みている。熱々の白いご飯にのせて頬張るシアワセといったら……感動の味である。

ぬかみそだきをつくる老舗は北九州に何軒もあるが、実力ナンバーワンはやはり「ふじた」だ。店に代々伝わる熟成したぬか床とともに青魚を7時間以上コトコトと煮込む手の込んだ一品で、保存料などは一切使っていない。鯖は世界一のブランドであるノルウェー産を、鰯は水揚げ量日本一の千葉県・銚子産を使用。そして、やはり味の決め手は「ぬか床」だ。発酵食品の中でも乳酸菌の宝庫といわれる注目の健康食品を使った北九州のぬかみそだきは、まさに天下一品。これは間違いない。

Data

社名:小倉名物 ぬかみそだき ふじた

住所:福岡県北九州市門司区柳町1-4-10(門司店)

電話:093-382-0307

Infomation

北九州市小倉地区に旦過(たんが)市場店もあり。

また、下記よりネットでお取り寄せも可能。

http://www.nukamisodaki.com/index.html

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

愛媛県 宇和島市

宇和島を代表する庶民の味、じゃこ天。噛(か)んだときに歯を押し返すような弾力性、少しジャリっとした食感、独特の風味……ほかの練り物と一線を画したうまみがある。じゃこ天の…

前の記事

北海道 室蘭市

塩は、私たちの日々の食事に欠かせない基本調味料。摂(と)り過ぎには気を付けたいが、体に良いものを少しだけ摂れば毎日健康でいられる。そんな塩がどこかにきっとあるはずだ!…

関連記事

東京都 文京区

朝は卵かけご飯にのせて、昼はたっぷり挟んでサンドイッチに、夜は野菜と一緒にサッとソテーして。私、こんなにコンビーフが好きだったかしら?「千駄木腰塚」のコンビーフに出…

青森県 黒石市

なんと素敵でおいしいコーンスープ! 正確には「嶽(だけ)きみスープ」、初めて出合ったコーンスープだ。嶽きみとは岩木山南麓の嶽高原で栽培されるトウモロコシ。津軽ならでは…

茨城県 水戸市

水戸の名物は黄門様と納豆、そして梅。水戸の偕楽園は日本を代表する庭園のひとつで、天保13(1842)年に徳川斉昭(なりあき)が造園。園内約13haの梅林には約3000本の梅が植えら…