もらってうれしい大人の手土産 「じゃこ天(手押してんぷら)」

「手押してんぷら」(10枚入り・500g)1600円(税別)

宇和島を代表する庶民の味、じゃこ天。噛(か)んだときに歯を押し返すような弾力性、少しジャリっとした食感、独特の風味……ほかの練り物と一線を画したうまみがある。じゃこ天のおもな原料は、ホタルジャコ(現地通称:ハランボ)。スズキ科の魚で、宇和海を中心に生息している。刺し身でも食べられるが、捕獲されたホタルジャコの95%以上は練り製品に加工される。

出来上がったすり身は、型に入れて手押しし、180~190℃の菜種油で約3分間揚げる。揚げたてのじゃこ天は、餅のようにぷくーっと膨れているが、すぐに空気が抜けてペシャンコになる。はふはふ、ふほほ、ハランボの髄まで味わって満足。

「切ったりしないで、一枚まるごとをそのままかぶりついてください。うまさが違いますから」と話すのは、野中かまぼこ店の野中統さん。明治40年創業の老舗の四代目だ。

土産に買って帰ったら、オーブントースターなどで素焼きにすると、揚げたての味に近くなる。ショウガや大根おろしを添えて出来上がり。あるいは、ちらし寿司の具に、煮物に、カレーの具にもOK。宇和島のじゃこ天は、一度食べたらやみつきになる。

Data

社名:野中かまぼこ店

住所:愛媛県宇和島市堀端町1-53

電話:0895-25-7711

Infomation

下記よりネットでお取り寄せ可能

http://www.jakoten.co.jp/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。
この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

もらってうれしい大人の手土産 愛らしさ満点 ご利益も期待 「ぴーなっつ最中」

千葉県 成田市

手に取った瞬間、誰もが「かわいい!」と声を上げる。贈ったこちらもうれしくなる。それが成田名物の「ぴーなっつ最中(もなか)」だ。 少し大きい...

前の記事

もらってうれしい大人の手土産 「鯖と鰯のぬかみそだき」

福岡県 北九州市

漬け物、ふりかけ、おかずみそ……。ご飯の友はいろいろあるが、北九州の人々にとって〝ご飯の親友〟ともいえるスペシャルな一品が鯖(サバ)や鰯(...

関連記事

もらってうれしい大人の手土産 酒のさかなや前菜にも最適、有明海の幸を粕漬けに 「四ツ山漬」 無料会員限定

福岡県 大牟田市

あまり聞きなれない「四ツ山漬」とはタイラギ(平貝)の貝柱の粕(かす)漬けのこと。四ツ山は地名で、福岡県大牟田市の有明海に面したエリア。かつ...

もらってうれしい大人の手土産 愛媛みかんをまるごと一つ果汁が弾ける名物大福 「まるごとみかん大福」

愛媛県 今治市

なだらかな山の斜面にミカン畑が広がる秋冬の南予は、日本の美しい風景の一つ。陽光を浴びてキラキラ光るミカンはみずみずしく、いつまで眺めてい...

もらってうれしい大人の手土産 熟成、無添加のうま味に感動 村上伝統の味に舌鼓を打つ 「鮭の酒びたし」

新潟県 村上市

越後村上は新潟県最北の市で旧村上藩の城下町。今でも市内に武家屋敷や商人町の面影を色濃く残し、城下町風情豊かなまち並みが広がっている。村上...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする