日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 愛らしさ満点 ご利益も期待 「ぴーなっつ最中」

「ぴーなっつ最中」(12個詰)1500円(税別)。日持ちは2週間程度

手に取った瞬間、誰もが「かわいい!」と声を上げる。贈ったこちらもうれしくなる。それが成田名物の「ぴーなっつ最中(もなか)」だ。 少し大きいが本物の落花生そっくりの形をした最中は、透明のビニール袋の上から目と口、手足が描かれている。今にも踊りだしそうなひょうきんな仕草(しぐさ)が、見れば見るほど愛らしくて、ついついテーブルに並べて眺めてしまう。食べるのが惜しい逸品だが、味自慢の最中なのだ。

上等のお茶を用意してかぶりつく。餡の味を全く邪魔せず、すーっと舌の上で消えていく。なんと口溶けのよい皮だろう……。そして、白いんげん豆、あずき、ピーナッツペーストなどを練り込んだ餡は実にあっさりした後味で、軽やかな甘みだ。もち米入りなので舌触りのもちもち感もたまらない。さらに、落花生の甘露煮がこっそり餡の中に潜り込んでいて、「う~ん、さすが!」と、うなってしまった。

製造元は明治32(1899)年創業の老舗和菓子店「なごみの米屋」。創業者の祖先は成田山新勝寺の本尊不動明王と仏縁があり、米屋總本店の敷地内には今も不動尊が祭られている。ご利益がありそうな最中で、ティータイムをどうぞ。

Data

店名:なごみの米屋 總本店

住所:千葉県成田市上町500

電話:0476-22-1661

Infomation

下記よりネットでお取り寄せ可能

http://www.eshop-yoneya.com/shop/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

宮崎県 宮崎市

「冷や汁」は、読んで字のごとく冷たい汁をぶっかけた飯で、宮崎を代表する郷土料理。汁といっても、家庭のみそ汁とはレベルの違う薬味がたっぷり入ったごちそう汁だ。パリッと…

前の記事

愛媛県 宇和島市

宇和島を代表する庶民の味、じゃこ天。噛(か)んだときに歯を押し返すような弾力性、少しジャリっとした食感、独特の風味……ほかの練り物と一線を画したうまみがある。じゃこ天の…

関連記事

茨城県 水戸市

水戸の名物は黄門様と納豆、そして梅。水戸の偕楽園は日本を代表する庭園のひとつで、天保13(1842)年に徳川斉昭(なりあき)が造園。園内約13haの梅林には約3000本の梅が植えら…

大阪府 堺市

大阪府堺市に住む親戚が、わが家にいつも土産に持ってきた餅菓子。それはそれはおいしくて、いつも母と取り合いになったのを覚えている。やわらかく、つるっとした餅(白玉)に…

徳島県 徳島市

和三盆とは江戸時代から変わらない素材と製法、技術で手づくりされる高級砂糖で、主に四国東部で生産されている。サトウキビ100%を使った阿波和三盆糖はベタつかない口溶けの…