もらってうれしい大人の手土産 愛らしさ満点 ご利益も期待 「ぴーなっつ最中」

「ぴーなっつ最中」(12個詰)1500円(税別)。日持ちは2週間程度

手に取った瞬間、誰もが「かわいい!」と声を上げる。贈ったこちらもうれしくなる。それが成田名物の「ぴーなっつ最中(もなか)」だ。 少し大きいが本物の落花生そっくりの形をした最中は、透明のビニール袋の上から目と口、手足が描かれている。今にも踊りだしそうなひょうきんな仕草(しぐさ)が、見れば見るほど愛らしくて、ついついテーブルに並べて眺めてしまう。食べるのが惜しい逸品だが、味自慢の最中なのだ。

上等のお茶を用意してかぶりつく。餡の味を全く邪魔せず、すーっと舌の上で消えていく。なんと口溶けのよい皮だろう……。そして、白いんげん豆、あずき、ピーナッツペーストなどを練り込んだ餡は実にあっさりした後味で、軽やかな甘みだ。もち米入りなので舌触りのもちもち感もたまらない。さらに、落花生の甘露煮がこっそり餡の中に潜り込んでいて、「う~ん、さすが!」と、うなってしまった。

製造元は明治32(1899)年創業の老舗和菓子店「なごみの米屋」。創業者の祖先は成田山新勝寺の本尊不動明王と仏縁があり、米屋總本店の敷地内には今も不動尊が祭られている。ご利益がありそうな最中で、ティータイムをどうぞ。

Data

店名:なごみの米屋 總本店

住所:千葉県成田市上町500

電話:0476-22-1661

Infomation

下記よりネットでお取り寄せ可能

http://www.eshop-yoneya.com/shop/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。
この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

もらってうれしい大人の手土産 涼感あふれる 夏のどんぶり 「冷や汁」

宮崎県 宮崎市

「冷や汁」は、読んで字のごとく冷たい汁をぶっかけた飯で、宮崎を代表する郷土料理。汁といっても、家庭のみそ汁とはレベルの違う薬味がたっぷり...

前の記事

もらってうれしい大人の手土産 「じゃこ天(手押してんぷら)」

愛媛県 宇和島市

宇和島を代表する庶民の味、じゃこ天。噛(か)んだときに歯を押し返すような弾力性、少しジャリっとした食感、独特の風味……ほかの練り物と一線を画...

関連記事

もらってうれしい大人の手土産 新鮮な地養卵に県産の果実をトッピング 「湯庵プリン」 無料会員限定

福島県 福島市

温泉地の名物が温泉まんじゅうだったのは今は昔。現在、温泉地の土産を代表するのはプリンといえる。全国各地にご当地プリンが存在し、どれも非常...

もらってうれしい大人の手土産 百年肉屋がつくるハンバーグ 「かごしま黒豚ハンバーグ」

鹿児島県 鹿児島市

肉の王国・鹿児島。肉質がしまり、さっぱりした脂身とジューシーさが特徴のかごしま黒豚に、和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」でチャンピ...

もらってうれしい大人の手土産 まるごと梨をくるんだゴージャスなバウムクーヘン 「天女の梨クーヘン」

鳥取県 鳥取市

子どもの頃、おやつにバウムクーヘンが出るとぜいたくな気持ちになった。おいしい紅茶と一緒にいただいて、シアワセ~。昔から大好きだった。昨今...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする