日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 すべて手づくりの素朴さに感動 「長久保のしそ巻」

「国産 長久保のしそ巻」40本入りで756円、80本入りで1458円(いずれも税込・送料別)

きっとこれはうまいぞ! と、食べる前から一目ぼれをした。拍子木状に均一に手切りされた大根に、じっくりと塩漬けされたシソの葉が巻かれている。大根は、採れたてのシャキッとしたみずみずしさは消えて刈安(かりやす)色に染まり、シソも良い塩梅に若々しさが抜けている。そうそう、この感じ。浅漬けなんか足下にも及ばない、時間をかけないと出でこない漬物の色気やオーラが、一本一本から立ち上っている……。

昭和の初め、漬物づくりが得意だった長久保ツネさんお手製のしそ巻きは、常磐炭鉱で働く人々に愛されていた。ツネさんは毎日リヤカーを引いて炭鉱へ届けに行ったという実話も残る。これが「長久保のしそ巻」で、今や一店舗の味ではなくいわきの人々の心の味となっている。

手作業で1本ずつ巻いていき、本醸造しょうゆでつくった調味液に三度漬けると、ようやく完成。香り・食感・味ともに、唯一無二のしそ巻きが出来上がる。箸でつまんでぽりぽりと食べる。手間と時間をかけた分だけ、大根のうまみが凝縮している。それにしても何と優しい味だろう。ごはんのおかず、酒の肴(さかな)、おやつにもよさそうだ。いわきの名物、ここにあり。

Data

社名:有限会社長久保食品

住所:福島県いわき市好間町中好間字鍛冶内28-2

電話:0120-232-423

Infomation

電話のほか下記よりネットでお取り寄せも可能

http://www.nagakubo.net/index.htm

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

新潟県 村上市

越後村上は鮭のまち。秋になると市内を流れる三面川(みおもてがわ)に鮭が遡上(そじょう)し、まちじゅうが鮭一色になる。ここでは鮭を頭から尻尾まで余すところなく料理に使い、…

前の記事

愛知県 豊橋市

体長20㎝ほどの愛らしいウズラ。ウズラはキジ科の渡り鳥で、春夏は北海道や本州北部、冬は本州南部や九州に渡って越冬する。古くは『古事記』や『万葉集』にも登場するほど、日…

関連記事

青森県 黒石市

なんと素敵でおいしいコーンスープ! 正確には「嶽(だけ)きみスープ」、初めて出合ったコーンスープだ。嶽きみとは岩木山南麓の嶽高原で栽培されるトウモロコシ。津軽ならでは…

茨城県 水戸市

水戸の名物は黄門様と納豆、そして梅。水戸の偕楽園は日本を代表する庭園のひとつで、天保13(1842)年に徳川斉昭(なりあき)が造園。園内約13haの梅林には約3000本の梅が植えら…

大阪府 堺市

大阪府堺市に住む親戚が、わが家にいつも土産に持ってきた餅菓子。それはそれはおいしくて、いつも母と取り合いになったのを覚えている。やわらかく、つるっとした餅(白玉)に…