日商 Assist Biz

更新

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.9 和歌の浦

交通:南海和歌山市駅またはJR和歌山駅から和歌山バスで「和歌浦」まで約35分 [写真提供]渋谷高秀氏

いにしえより歌人・貴人が訪れ歌に詠まれた景勝地

和歌山市和歌川の河口に広がる干潟を中心とした一帯は、和歌の浦と呼ばれ、奈良・平安の昔から風光明媚(めいび)で知られる場所です。時々刻々と変化する干潟の景色や、湾を取り巻く山やまちの四季折々の様子は、ひとときたりとも同じものがないと言われるほど変化に富み、多くの文化人たちに愛されてきました。

『万葉集』に残る山部赤人の歌「若の浦に潮満ち来れば潟(かた)をなみ葦辺(あしへ)をさして鶴(たづ)鳴き渡る」は、もとの地名の「若の浦」が「和歌の浦」に転じたきっかけとされています。「和歌」の名は県名にも引き継がれ、和歌の浦の情景は今なお日本遺産として人々の目を楽しませています。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

和歌山商工会議所 経営支援課 大河内 隆弘

著名人も多数訪れる、「鷹屋」の和歌浦せんべい。古代万葉人の憧れの地、和歌の浦の「不老橋」、「観海閣」の焼き印を押し、丹念に焼き上げた昔なつかしいやさしい伝統の味です。シンプルな原材料にこだわり、サクッとした口あたりを追求しています。

次の記事

神奈川県 鎌倉商工会議所

12世紀末、源頼朝が幕府を開いた鎌倉は急速な発展を遂げ、中心部には多くの寺社が建立されました。鶴岡八幡宮とその参道の若宮大路をはじめ、現在の鎌倉のまちの骨格は鎌倉時代…

前の記事

新潟県新潟市

江戸時代における最大の海上輸送経路は、日本海沿岸の港と大坂を結ぶ西廻海運でした。この西廻りの航路を利用していた北前船の寄港地は、北海道から福井県までの7道県にまたが…

関連記事

福井県 小浜商工会議所

日本海に臨む小浜市はかつて、豊富な海の恵みを京の都に運ぶ「鯖街道」の起点であり、日本海沿岸各地とも海と陸の道でつながる一大港湾都市でした。鯖街道という名称は、京の庶…

大分県 日田商工会議所

日本では、明治時代に近代教育制度が導入される以前より高い教育水準を保ってきました。これを支えていたのは各地に存在した藩校や私塾などで、武士ばかりでなく広く庶民へも門…

北海道 赤平商工会議所

明治時代、北海道では資源開発と北方警備のため、国策として開拓事業が進められました。豊富な石炭資源が眠っていた空知地方では炭鉱の開発が進み、1882(明治15)年には、石炭…