日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 木製飛行機テイクオフ 全国に〝木工の街〟アピール

テイクオフを待つ機体

大川商工会議所青年部(福岡県・大川YEG)は7月28日、〝木工の街大川〟をアピールするため、滋賀県琵琶湖で開催された「鳥人間コンテスト」に出場した。同YEGが総力を結集して製作した「木のきもち号」は、そのきれいな流線形をした両翼や組子の尾翼など、機体の至るところに木工技術が生かされ、他の出場チームからも感嘆の声が漏れるほど注目を集めた。

大川市の木工の歴史は今から480年ほど前にさかのぼる。同市内を流れる筑後川は、その昔、水上交通の要衝地であり周辺には多くの船大工が住んでいた。その船大工の技術を生かして指物(さしもの=釘などを使わず木と木を組み合わせてつくった調度品や建具)をつくったことが始まりといわれる。

今回の取り組みは、今年1月に始まった。親会(大川商工会議所)や地元木工関係団体のほか、知事や市長などからも出場要請があったことから申し込みを行い、4月に出場が決定。その後平日の夜と土・日曜日を使い、約3カ月間で「木のきもち号」を製作した。同YEGは過去に2度出場した経験があり、当時の設計図が参考になったという。

当日は台風12号の影響でスタートが30分ほど繰り上がった。天候は曇り、湖上のやぐら上はゆるやかな追い風と飛行にはやや不利な状況の中、この日のために体重を72キログラムから57キログラムに減量したパイロットの近藤将隆さんは、応援に駆け付けた同市倉重良一市長や同所津村洋一郎会頭、YEGメンバー、家族などの大声援を受け、9時35分、飛び立った。

同YEGで鳥人間実行委員長を務めた津崎繕幸さんは「存分にアピールできた。応援していただいた全ての人に感謝したい」と述べた。また同YEG平成30年度会長の田中雅博さんは「メンバー59人の結束が高まった。この挑戦は大きな財産になる」とこの取り組みを評価した。当日の様子は8月29日、日本テレビ系列で19時より放映予定。また、「木のきもち号」は10月6~8日開催の大川木工まつりで展示される。

次の記事

広島県 庄原商工会議所

庄原商工会議所(広島県)は、庄原の食の魅力をPRする事業、「庄原おばん菜(ざい)プロジェクト~ほぼ庄原産健康ごはん~」を推進している。同事業は、庄原市内の飲食店が庄原産の…

前の記事

北海道 小樽商工会議所

小樽商工会議所(北海道)に事務局を置く「知産志食(ちさんししょく)しりべしプロジェクト」は11月30日まで、「知産志食しりべしスタンプラリー」を開催している。同イベントは後…

関連記事

宮崎県 宮崎県商工会議所連合会

宮崎県商工会議所連合会(会頭:米良充典宮崎商工会議所会頭)や県スポーツ協会(会長:春山豪志宮崎放送代表取締役会長)、県教育委員会(日隈俊郎教育長)など21団体・企業でつくる…

大分県 臼杵商工会議所青年部会

臼杵商工会議所青年部会(大分県、臼杵YEG)と臼杵青年会議所は、毎年7月に行われる「臼杵祇園まつり」が今年、新型コロナウイルスの流行により見送られたことから疫病退散を願う…

山口県 小野田商工会議所

小野田商工会議所(山口県)と山陽小野田市、山口フィナンシャルグループの3者は7月28日に合同記者会見を開き、同所が事務所を置く市商工センターの再整備に官民連携事業の手法の…