日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 琵琶湖疏水 新たな観光資源へ 連携深め事業推進

試験乗船する門川京都市長(左)と、越大津市長(右から2人目)

京都商工会議所と大津商工会議所(滋賀県)の観光・運輸部会は3月18日、「琵琶湖疏水」をテーマとした京都・大津両市の連携について講演会を開催。両会議所が合同で講演会を開催するのは今回が初めてで、約300人の部会員が参加した。

琵琶湖疏水とは、琵琶湖のある大津市と京都市を結ぶ水路で明治23年に竣工し、今年125周年を迎える。明治以降、舟運、水力発電、上水道整備など京都の近代産業、都市基盤確立に貢献したが、旅客・貨物などの舟運機能は昭和26年にその役割を終えた。しかし、平成24年に越直美大津市長がこの地域資源を活用しようと、門川大作京都市長に観光船運航の検討を打診。トンネルが多いことなどから全区間(7・8km)での運行は難しいとされてきた。しかし、昨年実施された京都市水道局の調査により、運行可能との結果を受け、3月28日から試行船体験ツアーが実施されることとなった。同ツアーには定員の21倍の1万2258人もの応募があり、注目を集めている。

今回の講演会では、日本商工会議所観光委員会共同委員長の須田寬氏(JR東海相談役)などが登壇。両所は今後も同事業を通じた連携推進を図る。

京都商工会議所は、「貴重な産業遺産である琵琶湖疏水を活用した広域観光により、先人の偉業を後世に伝えていきたい」と話している。

次の記事

セレクト地域短信 姫路YEG カレーフェスに8千人 味自慢の25店が集結

兵庫県 姫路商工会議所青年部

姫路商工会議所青年部(兵庫県)は3月8日、「姫路カレーフェスティバル」を開催した。同イベントは、食でまちを盛り上げようと企画されたもの。市内...

前の記事

セレクト地域短信 中小活性化条例制定を 市長に具体案提出

神奈川県 川崎商工会議所

川崎商工会議所(神奈川県)などは3月30日、「川崎市中小企業活性化のための成長戦略に関する条例」案を策定。同日、同市に提出した。条例案は、同所...

関連記事

セレクト地域短信 関あじフェア大盛況 旬の味を割引価格で

大分県 大分商工会議所

大分商工会議所は、大分県漁業協同組合と共に、佐賀関ブランドである関あじをお得に提供する「関あじフェア」を8月2日から15日まで実施した。同事...

セレクト地域短信 飲食店経営を可視化 改善シートの普及目指す

福島県 いわき商工会議所

いわき商工会議所(福島県)はこのほど、いわき市、ひまわり信用金庫、いわき信用組合と連携し、新型コロナウイルスの影響で厳しい経営環境下に置か...

セレクト地域短信 広域で合同企業説明会 専用就職サイトと連動

埼玉県 深谷商工会議所/埼玉県 熊谷商工会議所/埼玉県 秩父商工会議所/埼玉県 本庄商工会議所

埼玉県北部の深谷、熊谷、秩父、本庄の4商工会議所は、近隣の寄居町、くまがや市、ふかや市、児玉、上里町、美里町、神川町の7商工会と合同で10月2...