日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 被災地支援で常設店 市民の声受け営業再開

ふじさわ産業フェスタでも特産物を提供

藤沢商工会議所(神奈川県)は5月26日、東北の特産品を集めたアンテナショップ「東北復興応援プラザ」の営業を再開した。同所は平成23年8月~26年3月まで、県の補助金でショップの運営をしていたが、補助金の期限が切れたため閉店。今回の再オープンは、被災事業所や藤沢市民から再開の要請が多数寄せられ、実現した。

同所では5月23、24日に開催した「ふじさわ産業フェスタ」(来場者数7万3500人)で、ショップの再オープンを記念したブースを展開。いわき商工会議所(福島県)なども駆けつけ、特産物などを販売した。

5月26日のオープン当日には、営業再開を待ち望んでいた市民などが多く訪れ、八戸(青森県)、釜石(岩手県)、塩釜、石巻(宮城県)、いわき商工会議所などから出品された麺類や水産加工物などを買い求めた。今後同ショップは、毎週火・木曜日の10~18時に営業。被災地の経済活動を応援する。

次の記事

福島県 会津喜多方商工会議所

会津喜多方商工会議所(福島県)は5月30日、「酒蔵DE女子会」を開催。市内外から集まった日本酒好き女子58人が、極上の料理と日本酒を味わった。同イベントは、昨年10月に実施さ…

前の記事

福岡県 筑後商工会議所

筑後商工会議所(福岡県)は、産業競争力強化法の「企業実証特例制度」を活用し、有効期間が6カ月を超えるプレミアム付き商品券を商工会議所で初めて発行した。法律では、有効期…

関連記事

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は9月16~18日の3日間、同所1階多目的スペースで「『Withコロナ時代』職場の感染症対策グッズ緊急展示・商談会」を開催した。職場での新型コロナウイルス感染拡…

宮崎県 西都商工会議所

西都商工会議所(宮崎県)は、西都市の市街地活性化の拠点として「まちづくり西都KOKOKARAココカラ」を開所した。名称には「ここから市街地の活性化がスタートする」という意味…

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所(岐阜県)と大垣観光協会が特許庁の地域団体商標に登録出願していた「大垣の木枡」および「大垣の枡」が7月14日に商標登録された。9月4日には、同所交流産業委…