日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 「えだ豆」日本一へ JAと強力タッグ

秋田商工会議所はJA新あきたと共同で行っている6次産業化プロジェクトの一環として11月から、市内32店舗と潟上市1店舗の合計33店で秋田市産の冷凍えだ豆の提供を開始した。同プロジェクトでは、秋田県が「えだ豆」の地元消費日本一になるために、地域の飲食店や宿泊施設と連携した魅力発信や、マーケットインの視点での商品販売や加工品の試作にチャレンジしている。

今回、冷凍えだ豆として提供を開始したのは、秋田オリジナル品種の「あきたさやか」「あきた五葉」「あきたほのか」の3品種だ。こだわりの農場「白華の郷」で限定生産された朝採りの枝豆のみを使用し、旬の味をギュッと冷凍。採れたての味を求める客層からも人気が高まっている。

次の記事

北海道 北見商工会議所

北見商工会議所(北海道)運輸車輌部会ではこのほど、北見市内の道路で注意が必要とされる危険箇所を示した「ヒヤリハットマップ」を発行した。同部会では、マップの製作に当た…

前の記事

京都府 宇治商工会議所

宇治商工会議所(京都府)などは11月1日、新たにご当地グルメとして開発した「宇治茶漬け」の提供を、市内12店舗で開始した。「宇治茶漬け」は、特産品である「宇治茶を使うこ…

関連記事

新潟県 三条商工会議所青年部

三条商工会議所青年部(新潟県、三条YEG)は、燕三条地域の企業を擬人化したトレーディングカード「匠の守護者」のキャラクターに扮するコスプレ写真をツイッターで募集し、コ…

埼玉県 川越商工会議所

川越商工会議所(埼玉県)は創立120周年記念動画「川越商工会議所『地域から世界へ ともに未来を拓こう!』」をYouTubeで公開している。同所は埼玉県で最も古い商工会議所で19…

京都府 京都商工会議所

京都商工会議所は、自社の強みや知恵を生かし、新たな顧客創造を目指すビジネスプランを認定する「第1回知恵‐1グランプリ」の公開プレゼン審査と表彰式を3月2日に開催した。同…