セレクト地域短信 畑を荒らす害獣イノシシ 高級食材に変身

「八女産イノシシロースのロースト」。八女の地酒との相性も抜群だという

八女商工会議所(福岡県)は現在、農作物を食い荒らすイノシシの肉を活用しようと、「イノシシプロジェクト」を推進している。その一環として、2月7~16日の10日間、福岡市と八女市の飲食店13店で「八女ジビエウィーク」を開催し、各店が地元産のイノシシ肉を使ったオリジナルメニューを提供。訪れた客にそのおいしさをPRした。

ジビエとは、野生のイノシシ、シカ、カモなどの食材のこと。これらを使ったジビエ料理は、狩猟が盛んなヨーロッパでは冬の味覚としておなじみだ。

同所では、害獣として年間約2000頭も駆除されてきたイノシシを地域資源と位置付け、魅力ある商品を生み出すべく、昨年度から同プロジェクトを推進。八女産イノシシ肉の良質さを広く知ってもらおうと、同ウィークを福岡市内で初めて開催するなどのPR活動や、ご当地グルメ「八女ジビエイノシシカレー」の開発に力を入れてきた。

今年度は、同ウィークの開催をはじめ、全国的に認知度の高い銘茶「八女茶」に着目し、茶葉を利用したイノシシ肉の簡易熟成技術を確立。うま味成分を3~5倍増加させることに成功した。2月に都内で開催された「feel Nippon 春 2014」でも、この熟成肉を出品、試食した来場者から高評価を得た。同所は現在、イノシシ肉のウィンナーやミートボール、角煮などの加工食品も開発中だ。

八女市では古くからハンターがイノシシを駆除してきたが、食肉処理や販売に必要な免許を持つハンターはわずかに1人。捕獲されたイノシシのほとんどが廃棄されてきた。

同所は、「市内でのイノシシによる被害額は、捕獲や侵入防止などの対策費を含めて年間約2億円と、深刻な状態。八女産イノシシ肉を使って〝真においしいジビエ料理〟をPRし、新たな産業や雇用創出につなげたい」と話している。

問い合わせは、同所(☎0943・22・5161)まで。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 東商 消費税転嫁対策に セミナーを開催

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は13日、都内で「今からでも間に合う! 消費税の転嫁対策直前セミナー」を開催。中小企業を中心とした都内の事業者約100人が参加し...

前の記事

セレクト地域短信 人気の酪農アニメで「十勝の食」発信 観光冊子3万部を作製

北海道 帯広商工会議所

帯広商工会議所(北海道)は2月、十勝の農業高校が舞台の人気アニメ「銀の匙(さじ)Silver Spoon」を活用した観光冊子3万部を作製。帯広市内の観光案...

関連記事

セレクト地域短信 渋沢ゆかりの首長会議 新札発行へ連携強化

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は4月13日、「渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定」のトップらによる「渋沢ゆかりの地 首長(くびちょう)会議~新札発行に向けて...

セレクト地域短信 古町芸妓動画が高評価 国際観光映像祭で監督賞

新潟県 新潟商工会議所

新潟商工会議所が制作した「新潟古町芸妓(ふるまちげいぎ)」のPR映像「しきさい」がこのほど、2019年から国内外の観光PR動画を対象に開催されて...

セレクト地域短信 「マチナカxRミュージアム」開催中

熊本県 熊本商工会議所

熊本商工会議所はこのほど、商店街、NTT西日本熊本支店と連携し、熊本市中心市街地アーケード街・花畑広場・熊本城二の丸公園で最先端のデジタル技...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする