日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 畑を荒らす害獣イノシシ 高級食材に変身

「八女産イノシシロースのロースト」。八女の地酒との相性も抜群だという

八女商工会議所(福岡県)は現在、農作物を食い荒らすイノシシの肉を活用しようと、「イノシシプロジェクト」を推進している。その一環として、2月7~16日の10日間、福岡市と八女市の飲食店13店で「八女ジビエウィーク」を開催し、各店が地元産のイノシシ肉を使ったオリジナルメニューを提供。訪れた客にそのおいしさをPRした。

ジビエとは、野生のイノシシ、シカ、カモなどの食材のこと。これらを使ったジビエ料理は、狩猟が盛んなヨーロッパでは冬の味覚としておなじみだ。

同所では、害獣として年間約2000頭も駆除されてきたイノシシを地域資源と位置付け、魅力ある商品を生み出すべく、昨年度から同プロジェクトを推進。八女産イノシシ肉の良質さを広く知ってもらおうと、同ウィークを福岡市内で初めて開催するなどのPR活動や、ご当地グルメ「八女ジビエイノシシカレー」の開発に力を入れてきた。

今年度は、同ウィークの開催をはじめ、全国的に認知度の高い銘茶「八女茶」に着目し、茶葉を利用したイノシシ肉の簡易熟成技術を確立。うま味成分を3~5倍増加させることに成功した。2月に都内で開催された「feel Nippon 春 2014」でも、この熟成肉を出品、試食した来場者から高評価を得た。同所は現在、イノシシ肉のウィンナーやミートボール、角煮などの加工食品も開発中だ。

八女市では古くからハンターがイノシシを駆除してきたが、食肉処理や販売に必要な免許を持つハンターはわずかに1人。捕獲されたイノシシのほとんどが廃棄されてきた。

同所は、「市内でのイノシシによる被害額は、捕獲や侵入防止などの対策費を含めて年間約2億円と、深刻な状態。八女産イノシシ肉を使って〝真においしいジビエ料理〟をPRし、新たな産業や雇用創出につなげたい」と話している。

問い合わせは、同所(☎0943・22・5161)まで。

次の記事

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は13日、都内で「今からでも間に合う! 消費税の転嫁対策直前セミナー」を開催。中小企業を中心とした都内の事業者約100人が参加した。同セミナーでは、税理士…

前の記事

北海道 帯広商工会議所

帯広商工会議所(北海道)は2月、十勝の農業高校が舞台の人気アニメ「銀の匙(さじ)Silver Spoon」を活用した観光冊子3万部を作製。帯広市内の観光案内所や宿泊施設、道内の主要都…

関連記事

三重県 四日市商工会議所

四日市商工会議所(三重県)は、名古屋を中心にまち歩き・体験プログラムツアーを開催する「大ナゴヤツアーズ」と連携し、地域の魅力を発見する旅「四日市ツアー」を企画した。ウ…

石川県 金沢商工会議所

金沢商工会議所(石川県)は8月25~28日の4日間、石川県地場産業振興センターで「第13回かなざわマッチング商談会」を開催した。同商談会には北陸3県と北陸新幹線沿線都市の商工…

栃木県 鹿沼商工会議所

鹿沼商工会議所(栃木県)は、鹿沼市内の飲食店など接客を行う事業所が、飛沫(ひまつ)感染防止のためのついたてを導入する場合、5万円を上限に購入費用を助成することとし、8月1…