伝えていきたい日本の技 松山カバンのランドセル

松山製鞄 (愛知県春日井市)

色はベーシックな赤と黒をはじめチェリーピンク(左)やモスグリーン(右)など10色。8月の注文で翌年3月末に仕上がります 撮影:加藤正博

今月は、天然皮革を使用した手づくりのオーダーメイドランドセルをご紹介します。

小学校に入学してから6年間、毎日たくさんの荷物を入れて背負うランドセルには大きな負荷が掛かります。また、体に合わないランドセルは子どもにも負担となってしまいます。

昭和34年の創業以来ランドセル一筋の松山製鞄(せいほう)では、卒業まで型崩れせず、子どもにとって使い心地の良いかばんであり続けるために、さまざまな工夫を凝らしています。例えば、カブセと呼ばれるカバー部分に使用している馬革は、美しくつるつるとした手触りで、型崩れしにくいように仕上げています。さらに、ミシン目から雨水が入るとシワの原因となるため、型押しや芯材を使い強度を高めています。 昨今は、子どもの体型や好みに合わせた要望が増えています。二代目の松山政裕さんは、個々の希望を聞き、それに応じるために最新の素材にも目を配りながら、一つ一つ心を込めてランドセルをつくっています。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

伝えていきたい日本の技 うるし・金箔マウス

朝日電機製作所

今月は、石川県の伝統工芸を斬新なかたちで活用したパソコンのマウスをご紹介します。石川県には数多くの伝統工芸が根付き、輪島塗をはじめとする...

前の記事

伝えていきたい日本の技 「サンテックス」シリーズの器

撫菜花工藝

サンテックスという名は、世界中で愛読されている童話『星の王子さま』の著者サン=テグジュペリの愛称に由来しています。このシリーズは、サン=...

関連記事

伝えていきたい日本の技 ボルタ 無料会員限定

NPO法人テツプロ・ボルタ工房

今月は、ボルトやナット、ワッシャーでつくられたユニークな人形、ボルタをご紹介します。室蘭は、1907年に日本製鋼所、09年に北海道炭礦汽船輪西...

伝えていきたい日本の技 組手のトレー、コースターと箸置き

森本建具店

今月は、香川県の伝統工芸である組手細工(くでざいく)のトレーなどテーブル雑貨をご紹介します。江戸時代、高松城下では漆器づくりや繊維業が栄え...

伝えていきたい日本の技 アイスエナジー

アトム技研

今月は、機能性が高くファッショナブルな保冷剤として注目される、アイスエナジーをご紹介します。熱中症が世界中で問題となっている昨今、衛生的...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする