日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 「サンテックス」シリーズの器

撫菜花工藝(群馬県桐生市)

一点一点異なる古代土器のような武骨なデザインには、使う人の生活にちょっと楽しさが出るようにとの思いが込められています 撮影:加藤正博

今月は、独創的なデザインに目を奪われる、「サンテックス」の陶器をご紹介します。

サンテックスという名は、世界中で愛読されている童話『星の王子さま』の著者サン=テグジュペリの愛称に由来しています。このシリーズは、サン=テグジュペリから見た近未来というイメージを、同書に登場する〝呑(の)み助〟と重ね、酒飲みたちのための器としてデザインされました。黒土でつくられた器をベースに、凹凸やパーツを付けたり、歯車やねじ、のこぎりなど身近なもので模様を付けたり、銀粉を焼き付けて古色を出したりと、その制作過程も独特です。また、これらの不思議な装飾は、サン=テグジュペリが有能な飛行士でもあったことから、昔の飛行機のコックピットのような「よく分からないけれど機械的な雰囲気」を表しています。

撫菜花(なずな)工藝の古川真紀子さんは、どこを持とうか、どこに口をつけようか、そんなふうに毎日楽しめる作品を制作。一つ一つが唯一無二の逸品です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 松山カバンのランドセル

松山製鞄

小学校に入学してから6年間、毎日たくさんの荷物を入れて背負うランドセルには大きな負荷が掛かります。また、体に合わないランドセルは子どもにも...

関連記事

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠 無料会員限定

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...