日商 Assist Biz

更新

日本の美景 朝焼けを浴びて雲海に浮かぶ“天空の城”

越前大野城 写真提供:大野市商工観光振興課

越前大野城は、戦国武将・金森長近により大野市の中央に位置する亀山に築かれた城です。築城後はたびたび城主が入れ替わり、幾度も火災に見舞われました。昭和43年に再建され、現在は往時をしのぶ資料館となっています。

大野盆地では晩秋から初冬にかけて、風が弱く冷え込む朝に濃い霧が発生します。城下町が雲海に沈み、雲の中に城だけが浮かび上がる幻想的な情景が広がります。

次の記事

日本の美景 暮秋の風に漂いながら大空を彩るバルーンの群

佐賀県 佐賀市

佐賀県・嘉瀬川河川敷では例年、アジアで最大規模の熱気球競技大会・佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開催されています。10月下旬〜11月...

前の記事

日本の美景 平和への思いをのせて川面を照らす鎮魂のともしび

広島県 広島市

広島湾に注ぐ一級河川・元安川は、第二次世界大戦で投下された原爆爆心地のすぐ近くを流れています。当時、重傷を負った多くの被爆者が水を求め、...

関連記事

日本の美景 旧澁澤邸

青森県 上北郡六戸町

星野リゾート青森屋の敷地内にひときわ目を引く幽玄な建物があります。日本経済の父と呼ばれる澁澤榮一の私邸として使われ、多くの会合などが開か...

日本の美景 飛騨の冬と人が生み出した白く輝く巨大な氷瀑

岐阜県 高山市

標高900mにある飛騨大鍾乳洞は、日本で最も高い場所に位置する観光鍾乳洞です。長い洞窟を探検家気分で楽しめるとあって通年で人気のスポットです...

日本の美景 新たな一年を告げる光が初空に奇岩を照らし出す

北海道 根室市

北海道の最東端に位置する根室市は、離島を除き、初日の出を日本で最も早く見ることのできる地として知られています。根室半島の中ほど、太平洋に...