日商 Assist Biz

更新

挑む!経営支援編 vol.11 戦略会議でスキル底上げ 各務原

会議に全員参加できるように早朝実施している

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、情報の共有で支援スキルの底上げと平準化を図る商工会議所を紹介する

各務原商工会議所(岐阜県)では平成26年度から、商工会議所職員の企業支援レベルの底上げと平準化を図るため、定例で月2回、企業支援の経過報告会である「経営支援戦略会議」を開催している。会議には、中小企業相談所の職員は全員参加。会議内容の質を高めるため、時間を区切り、朝一番に40分間限定で行っている。

会議では、若手経営指導員が支援している案件について、ベテラン経営指導員が、内容や方向性、支援の手法などをアドバイス。また、補助金申請の進ちょく状況や、支援事例を共有することで、会議所内での支援のばらつきを防いでいる。会議を通じて、これまで経営指導員ごとに差のあった支援内容の統一を図るとともに、支援スキルの底上げも行っている。

さらに、若手経営指導員だけでなく、各経営指導員の案件も共有。これにより、商工会議所の窓口での対応も素早く行うことができ、事業者へのサービス向上にもつながっている。

同所の若手経営指導員からは、「あえて顔を合わせる会議を行うことで、情報を共有できるだけでなく、先輩から自分では気が付かなかった支援方法の選択肢を教えてもらえる機会にもなっており、非常に役立っている」と話している。

次の記事

岡山県下の12商工会議所は4月18~22日の一週間、岡山県商工会議所連合会が中心となって県下一斉に事業者巡回を実施した。同事業は平成24年度から、毎年春と秋の2回実施している…

前の記事

横須賀商工会議所(神奈川県)は平成26年度から、会員企業の販路拡大を目的に、「自社商圏レポートサービス」の無料提供を行っている。同レポートは、地図情報とさまざまな統計デ…

関連記事

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、「地区担当制」を導入し、各地区に経営指導員を配置して…

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、経営改善サポーターの配置を確立している商工会議所を紹…

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、専門の研究会を設立し、支援体制を確立している商工会議…