挑む!経営支援編 vol.12 県下一斉巡回で支援強化

緊張した面持ちで一斉巡回出発式に臨む経営指導員

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、県下一斉巡回を行い、事業者支援に成果を上げている好事例を紹介する。

岡山県下の12商工会議所は4月18~22日の一週間、岡山県商工会議所連合会が中心となって県下一斉に事業者巡回を実施した。同事業は平成24年度から、毎年春と秋の2回実施しているもので、今回で9回目。商工会議所の経営支援事業の周知や、その活用を促進することを目的に、毎回一週間の期間を設けて集中的に行っている。

期間中は、統一スローガンである「かけ巡る かけ回る 解決するため 伺います 経営パートナー 商工会議所」のもと、各商工会議所の経営指導員が、会議所利用が少ない会員事業者や非会員事業者などを訪問。中小・小規模企業支援策を説明した専用チラシなどを持参して、PRを行っている。

目標としている巡回事業者数は、経営指導員1人あたり30件、県下では2000件で、27年度実績は、春が2096件、秋が2397件で、いずれも達成。巡回をきっかけに、事業者からの融資相談や経営相談などが増えるなど、商工会議所の利用促進へつながることも多く、訪問を受けた事業者からは、「知らなかった支援内容などもあり、商工会議所を身近に感じることができた」などと好評の声が上がっている。

また、県下商工会議所が連携して一斉に巡回をすることで、経営指導員の意識向上にも役立っている。毎回、巡回初日の朝には出発式も行われ、岡山県連の恒例事業として今後も継続して実施する予定だ。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

挑む!経営支援編 vol.13 地域担当制で支援強化 西宮

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、「地区担当制」を導入し、...

前の記事

挑む!経営支援編 vol.11 戦略会議でスキル底上げ 各務原

各務原商工会議所(岐阜県)では平成26年度から、商工会議所職員の企業支援レベルの底上げと平準化を図るため、定例で月2回、企業支援の経過報告会で...

関連記事

挑む!経営支援編 Vol.10 データを基に伴走支援 横須賀

横須賀商工会議所(神奈川県)は平成26年度から、会員企業の販路拡大を目的に、「自社商圏レポートサービス」の無料提供を行っている。同レポートは...

挑む!経営支援編 vol.9 経営支援サポーターを継続配置 佐賀

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、経営改善サポーターの配置...

挑む!経営支援編 vol.8 士業ネットワークを活用 尼崎

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、専門の研究会を設立し、支...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする