日商 Assist Biz

更新

挑む!経営支援編 vol.9 経営支援サポーターを継続配置 佐賀

その道のプロの視点は非常に的確と好評

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、経営改善サポーターの配置を確立している商工会議所を紹介する。

佐賀県では、リーマンショック以降の急激な景気悪化に伴い、緊急金融対策として平成20年11月、「経営安定化貸付」を拡充。その後、同制度融資による貸し付けが増加していることを受け、融資先事業者の経営改善支援に本格的に取り組むため、県内の商工会議所などに経営指導・金融面の知識・経験を有する経営指導員OB、金融機関OBなどで構成される「経営改善サポーター」を配置した。

佐賀商工会議所では、会員企業などを訪問する際に、経営サポーターが同行。継続的できめ細やかな支援を行っている。経営実態を把握し、コスト削減策や各事業所の強みを生かした営業展開など、経営改善に向けたアドバイスは、会員企業にも好評で、中小企業者の融資後のフォローを徹底することで、地域活性化を図っている。

当初、経営サポーターの配置は1年間の予定であったが、継続した支援の必要性を県へ要望。経営改善に必要なアドバイスができる人材を確保している。また、知識や経験が豊かな経営改善サポーターとともに会員企業を訪問することで、同所職員の資質向上にも寄与。同所では、今後のサービスの質の向上にも役立てていく。

次の記事

横須賀商工会議所(神奈川県)は平成26年度から、会員企業の販路拡大を目的に、「自社商圏レポートサービス」の無料提供を行っている。同レポートは、地図情報とさまざまな統計デ…

前の記事

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、専門の研究会を設立し、支援体制を確立している商工会議…

関連記事

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、「地区担当制」を導入し、各地区に経営指導員を配置して…

岡山県下の12商工会議所は4月18~22日の一週間、岡山県商工会議所連合会が中心となって県下一斉に事業者巡回を実施した。同事業は平成24年度から、毎年春と秋の2回実施している…

各務原商工会議所(岐阜県)では平成26年度から、商工会議所職員の企業支援レベルの底上げと平準化を図るため、定例で月2回、企業支援の経過報告会である「経営支援戦略会議」を…