日商 Assist Biz

更新

挑む!経営支援編 Vol.10 データを基に伴走支援 横須賀

戦略塾では確実に成果を上げる方法を考える

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、販路拡大の伴走支援に地理情報システムを活用している商工会議所を紹介する。

横須賀商工会議所(神奈川県)は平成26年度から、会員企業の販路拡大を目的に、「自社商圏レポートサービス」の無料提供を行っている。同レポートは、地図情報とさまざまな統計データを組み合わせた「GIS(地理情報システム)」を活用。会員企業の商圏内(車で10分圏内など)の、人口、世帯数、就業者数、所得、消費動向など、一般に公開されている情報を、分かりやすく可視化したものだ。潜在顧客を「見える化」することで、ターゲットを絞って効率よく集客力を強化できるため、会員企業にも好評だ。

また、同所ではこの商圏レポートを基に、専門家などの意見を取り入れて分析する有料サービスや、結果に直接つなげる集中支援「足元商圏戦略塾」も開講している。戦略塾は、販路・集客拡大を目指す企業を伴走支援するもので、実際にGISを活用して売上アップや販路拡大に成功した事例を紹介するとともに、参加者自身にGISを活用した経営戦略計画の立案・発表をしてもらう。また、その計画に沿った施策を実行してもらい、効果を検証しながら成果を上げていくところまで支援する。

同所は、「GISを正式に活用し始めて2年が経過し、結果が多数生まれてきた。結果は自信にもつながる。今後もGISを用いた戦略的な伴走支援をしていきたい」と話している。

次の記事

各務原商工会議所(岐阜県)では平成26年度から、商工会議所職員の企業支援レベルの底上げと平準化を図るため、定例で月2回、企業支援の経過報告会である「経営支援戦略会議」を…

前の記事

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、経営改善サポーターの配置を確立している商工会議所を紹…

関連記事

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、「地区担当制」を導入し、各地区に経営指導員を配置して…

岡山県下の12商工会議所は4月18~22日の一週間、岡山県商工会議所連合会が中心となって県下一斉に事業者巡回を実施した。同事業は平成24年度から、毎年春と秋の2回実施している…

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、専門の研究会を設立し、支援体制を確立している商工会議…