セレクト地域短信 古町芸妓ブランド確立へ ロゴ作成目指し会議発足

講演を聴講する芸妓ら

新潟商工会議所は「古町芸妓(げいぎ)」のブランド確立を目的に、芸妓が主体となって勉強会や意見交換会を行う「古町芸妓ブランディング会議」を発足し、7月28日に第1回会議を同所で開催した。同会議には芸妓の養成・派遣を行う柳都(りゅうと)振興所属の若手芸妓12人と同社から独立した津乃あおいさん、同所や市の職員らが参加。ブランディングに関する講演を聴講し、ロゴマークの作成について意見を交わした。

古町芸妓は新潟市古町で江戸時代から続く伝統文化の一つ。同所は以前から担い手の確保や産業振興のため支援活動を推進している。2019年3月には県内の酒造会社の協力を得て古町芸妓をモチーフにしたパッケージの日本酒「新潟清酒 with 古町芸妓」を企画・発売。今年5月には酒造4社の純米酒に芸妓の直筆メッセージ入りクリアファイルなどが付いた同限定セットを販売した。パッケージデザインは、同所会員で国内外のデザインコンペで数々の受賞歴があるフレームが担当。米国のデザインコンテスト「ミューズ・デザイン・アワーズ2020」のパッケージデザイン部門で金賞を受賞している。

第1回会議では、会議の目的について同所担当者から説明を行った後、アドバイザーを務めるフレームの石川竜太代表取締役が講師として登壇。「デザインで古町芸妓のこれからを考える」をテーマに講演し、「ブランディングは発信側と受け手のイメージが一致することが大切。意見交換を通じ、説得力のあるロゴマークをつくってほしい」と述べた。講演後は、同会議の最終目的であるロゴマークの作成について意見交換が行われた。参加した芸妓や柳都振興関係者は、「芸妓がそろって意見交換する場は少なく貴重」「コロナ禍でお座敷が減る中、自分たちを見つめ直す良い機会」と同会議に意欲を見せた。

同会議は今後月1回開催する予定。最終的には今冬、ロゴデザインを市民から公募しデザインコンペを計画しているが、今回の会議ではさまざまな意見が出され、コンペ開催も含めて議論を重ねていくこととなる。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 クロウミウマ養殖事業化 東海大と10年かけ研究

静岡県 静岡商工会議所

静岡商工会議所などでつくる新産業開発振興機構は7月22日、東海大学海洋学部と10年にわたり共同研究してきたタツノオトシゴの一種「クロウミウマ」...

前の記事

セレクト地域短信 風船2000個が空を彩る 生徒たちの願いとともに

秋田県 大館商工会議所青年部

大館商工会議所青年部(秋田県、大館YEG)は、大館市内の小中学生が、七夕にちなみ2000個の風船に願い事の短冊を付けて放つイベント「新型コロナウイ...

関連記事

セレクト地域短信 PayPayと連携したポイント付与キャンペーン実施中

岩手県 北上商工会議所

北上商工会議所(岩手県)はこのほど、キャッシュレス決済サービスのPayPayと連携した消費喚起策「がんばれ北上!PayPayを対象店舗で利用すると最...

セレクト地域短信 古文書の和菓子を再現 地元産の食材生かす

大分県 臼杵YEG

臼杵商工会議所青年部会(大分県・臼杵YEG)はこのほど、臼杵藩主から引き継いだ江戸時代の古文書「菓子製法」を参考に再現した2種類の和菓子を発...

セレクト地域短信 観光関連事業者向けに「みやづ観光ダイジェスト」を発行

京都府 宮津商工会議所

宮津商工会議所(京都府)はこのほど、市内の交通量、主要駐車場の利用数、天橋立などの観光案内所における案内件数、モノレール・ケーブルカー・...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする