日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2020年9月1日号 中山文麿

9月1日は防災の日、台風シーズンの真っただ中だ。先の「令和2年7月豪雨」では、気象庁は熊本県人吉町周辺の24時間の降水量が200ミリメートルに達するとして周辺住民に厳重警戒を呼び掛けていた。ところが、驚いたことに2倍の400ミリメートル以上も降った。そのために、球磨川の水位は熊本球磨村渡の国土交通省の水位計で夜中の1時から5時間で8メートル近くも急上昇した。川が氾濫するのは当然で、多くの人が就寝中で逃げ遅れた。

▼最近、地球温暖化に伴い海水面温が1度上昇すると水蒸気量が7%上昇する。日本列島に大量の水分を含んだ大気の川が延びて線状降水帯の猛烈な雨を降らせる。このような暴力的な異常気象に対して、堤防をかさ上げしても無理だ。これからはハードに頼る防災から、自然と調和しながら洪水被害を減殺するソフトな防災に移行するべきだ。

▼例えば、日本には約1500の治水ダムと利水ダムが存在する。治水ダムを管理する国交省は利水ダムを管理する経産省や農水省と協議して豪雨が予想されたら1日から3日前にダムを事前放流して当該流域の河川の氾濫が避けられるようにした。

▼今や、日本のあらゆる河川で想定外の氾濫が起きても不思議でない状況だ。想像したくないが、荒川の決壊や氾濫、さらに台風に伴う高潮によって、江戸川区や北区の一部で最大10メートルまで浸水する危険性が叫ばれている。

▼われわれは当局が策定し始めた千年に一度起こるかもしれない洪水のハザードマップとにらめっこし、自分の行動手順を決めたマイタイムラインを策定して対処したい。政府の方でも、住民の避難のスイッチが入りやすいように勧告と指示の言い回しの改善など災害対策基本法を見直すようだ。

(政治経済社会研究所代表・中山文麿)

次の記事

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

慶應義塾大学の創設者である福澤諭吉の『文明論之概略』には次の一節がある。「西洋諸国の学問は人民一般の間に起こり(中略)学者の事業にて、其行はるるや官私の別なく、唯学者…

前の記事

時事総合研究所客員研究員・中村恒夫

「国家公務員の定年延長が見送られ、ホッとした」と情報関連企業の人事担当役員は安堵(あんど)した表情で話してくれた。公務員の65歳定年が確定すれば、民間企業もいずれ追随し…

関連記事

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

東京都を除外する異例の形で始まった「GO TOトラベル」。その成果や問題点を巡ってはいまだに議論もある。しかし、このキャンペーンの背後で、コロナ禍に立ち向かい、地域の事…

コラムニスト 宇津井輝史

戦争が終わって75年が経つ。コロナ禍の終戦記念日はひっそりと過ぎていった。1世紀の四分の三という遥かな時間はどういう意味を持つか。何よりもまず、この間、この国はいかな…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

本年4月、文化庁・観光庁の共管による「文化観光推進法」が成立、5月1日に施行された。正式名称は、文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律であ…