コラム石垣 2020年8月21日号 中村恒夫

「国家公務員の定年延長が見送られ、ホッとした」と情報関連企業の人事担当役員は安堵(あんど)した表情で話してくれた。公務員の65歳定年が確定すれば、民間企業もいずれ追随しなくてはならなくなる。給与水準の在り方、転勤の可否、勤務評定の実施、退職金の支払い時期など解決すべき課題が押し寄せてくる。こうした懸案はすべて労働組合との協議事項になる。労組は一般社員の労働条件改善には真剣に取り組むが、管理職を経験して雇用を延長された社員に対し給与を上積みすることには消極的だ。「総人件費に上限がある以上、一般社員の『取り分』が減る恐れがあるからだ」と先の役員は指摘する。

▼新型コロナウイルスの感染拡大で、なし崩し的にテレワークを拡大した企業は少なくない。この面でも、仕事の仕分け、勤怠管理、通勤交通費や自宅光熱費の扱いといった面で、クリアすべき課題が多い。もともと、大半の企業が労務上の最優先のテーマとして捉えていたのは「同一労働同一賃金」への取り組みだ。そこへ、テレワークの要素が加わり「複雑な連立方程式を解く必要が出てきた」(先の役員)というわけだ。

▼例えば、正社員と非正規労働者とを区別する条件の一つとして「転勤」がある。仕事がテレワーク中心になれば、転勤の有無を理由に区別することは難しくなる。超過勤務をしにくいため派遣社員として働く子育て中の母親が、評価の基準が労働時間でなく成果中心に変われば、正社員への登用を求めてくる可能性がある。

▼労務管理でもデジタルトランスフォーメーション(DX)の流れが止まるとは考えにくい。65歳への定年延長に関しても、こうした変化に沿って考える必要があろう。

(時事総合研究所客員研究員・中村恒夫)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

コラム石垣 2020年9月1日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

9月1日は防災の日、台風シーズンの真っただ中だ。先の「令和2年7月豪雨」では、気象庁は熊本県人吉町周辺の24時間の降水量が200ミリメートルに達す...

前の記事

コラム石垣 2020年8月1日号 丁野朗

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

本年4月、文化庁・観光庁の共管による「文化観光推進法」が成立、5月1日に施行された。正式名称は、文化観光拠点施設を中核とした地域における文化...

関連記事

コラム石垣 2022年1月1日号 コラム「石垣」執筆者に聞く 2022年の展望

コラムニスト 宇津井輝史/NIRA総合研究開発機構 理事 神田玲子/観光未来プランナー 文化庁日本遺産審査評価委員 丁野朗/時事総研 客員研究員 中村恒夫/政治経済社会研究所 代表 中山文麿

日本商工会議所100周年を迎える2022年。いまだコロナ禍の収束を見ない中、時代はどう変わるのか。本紙コラム「石垣」執筆者に、今年の日本と世界の...

コラム石垣 2021年12月11日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

先日、久しぶりに友人と会った。先の衆議院選挙について「成長と分配ということだけれど、今更何を言っているのか」と首をかしげた。確かに、成長...

コラム石垣 2021年12月1日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月の8~11日、中国共産党の第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)が北京で開催され、習近平国家主席の主導の下、共産党の第3回の歴史決議が...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする