日商 Assist Biz

更新

商いの心と技 vol.3 その日の花を摘んだ事業家

「がんサバイバーの存在を知ってもらい、変に気を遣うのではなくそっと寄り添える人たちが増えてくれれば」と藤原さんは生前言っていた

2年以上前に、仙台でお会いしたのは笑顔が素敵な女性でした。商売とは相思相愛を探し出逢う旅―という理念の下に活動するコンサルタント、松尾公輝さんにご紹介いただいたのが「かるぺでぃえむフォト」代表の藤原英理花さんです。

屋号にある「カルぺディエム(carpe diem)」とはラテン語で、古代ローマの詩人、ホラティウスの詩にある「その日の花を摘め」という言葉。英語では「seize the day」―つまり「今この瞬間を楽しめ」「今という時を大切に使え」という意味を、藤原さんは事業名に冠したのでした。

がんサバイバーに寄り添う

28歳の誕生日直前、藤原さんは乳がんの宣告を受けました。抗がん剤治療により髪の毛が抜け落ち、副作用により顔がむくんだそうです。そんな外見にコンプレックスを感じ、「こんな姿では外に出たくない」「人に見られたくない」と家に半年間引きこもる日が続きました。

32歳、無職。終わりの見えない治療、終わりが見え隠れする寿命。あとどれだけ生きられるのか分からないという焦燥感。治療のための高額な医療費により、「親孝行をするどころか、親の老後の資金を食いつぶしているという負い目も感じながら過ごす毎日だった」と藤原さんは振り返ります。

しかし、コンプレックスや焦りと同時に、もう一つ彼女の中で大きくなっていくものがありました。それは、命あるうちに家族や友だちともっと思い出をつくりたい、という思いです。彼女の事業「かるぺでぃえむフォト」は、こうして誕生しました。

彼女が「今」を思いきり生きることを決めた瞬間です。クラウドファンディングで事業資金を募るとき、彼女を支えたのが松尾さんを中核とする志を共にする仲間だったといいます。

かるぺでぃえむフォトでは、たとえがんを患おうとも、なりたい自分を写真で表現することにより、「今」を生きる意欲、未来への希望、そして明日への元気を生みだすことを事業目的としています。そのために、プロのスタイリストとヘアメイク、フォトグラファーが力を合わせて、がんサバイバーに寄り添います。

全国健康保険協会によると、日本人の2人に1人ががんを患い、3人に1人ががんで亡くなる時代です。藤原さんはがんと向き合いながら、同じ境遇にいるがんサバイバーのために自らの生命を燃やしてきました。

しかし、昨年3月26日、彼女は帰らぬ人となりました。彼女が生前遺したメッセージを引用させていただきます。

「私はこの『写真』というツールを、ただの思い出で終わらせるのではなく『明日への生活の希望の糧』にしていただきたいと考えております。

『なりたい理想の自分とは?』

撮影依頼を受けた際に、こんな質問を投げ掛けたいと思っています。

この問いの裏には『諦めてしまったことはないか?』という意味合いもあります。

『今』を切り取る写真ですが、そこには出逢ったことのない新しい自分『理想が全てかなった自分』が写っているかもしれません。被写体となるとき、覚悟、挑戦、不安、幸福、希望、さまざまな想いが巡ると思います。

その方の『今』に寄り添い、そして写真を目にした全ての方々が、それぞれの日常へ希望を感じられる写真を提供することを目指します。」

生きる喜びと商人の務め

「生きる喜びと商売することが一致して初めて商人の生きがいはある」

これは、多くの心ある事業者を取材する中で見つけた彼らの共通点です。藤原さんの取り組みは、まさに生きることと商売することが揺るぎなく一致しています。

その日の花を摘め―そこに人間の務めがあり、商人の喜びがあることを、私は藤原さんから教えていただきました。ありがとうございます。

(商い未来研究所・笹井清範)

次の記事

商い未来研究所 笹井清範

「シナジーが見込めること、地元に貢献できること、そして何よりご縁があること。事業を承継する上で最も大切にしていることです」こう語るのは「千葉のおいしいを大切に」「何…

前の記事

商い未来研究所 笹井清範

お客さまでにぎわう日曜日、中村勇太さんはシューズ売り場で1人のお客さまを対応していた。〝最良の一足〟と出会ってもらうために、数多くの研修やセミナーを受講して身に付け…

関連記事

『商業界』元編集長 笹井清範

「義父と義母から贈られたけれど、気に入らないからキャンセルしたい」こんな電話をかけてきたのは、小さなお子さんを持つ母親だったという。同じような電話を何本か受け、その…