コラム石垣 2017年2月1日号 丁野朗

文化庁が平成27年度に創設した「日本遺産(Japan Heritage)」が大きな話題になっている。文化財の背後にある地域の歴史・文化を地域ストーリー(物語)として編集し、これらを地域活性化の大きな起爆財にしようという狙いである。魅力溢れる有形・無形のさまざまな文化財群を、単なる保存だけではなく、地域が主体となって総合的に活用し、国内外に日本の文化ストーリーとして戦略的に発信していくことにより、地域経済の活性化を図ろうというものである。

▼この考え方は、昨年3月に取りまとめられた「明日の日本を支える観光ビジョン」でも踏襲された。訪日外国人客2000万人目標を達成した現在、さらなる高みを目指すために「観光資源の魅力を極め地方創生の礎にする」ために、2020年までに赤坂や京都迎賓館などの文化財の大胆な公開・開放とともに、日本遺産を全国で100カ所程度認定するという方針が示されている。

▼では、なぜ今「物語」なのか。観光はまさに「物語」や「経験」を消費する行為だからである。物語がなければ、国内外の人々を魅了し惹きつけることはできない。これは、地域(シティー)プロモーションや地域ブランドでも同じである。顧客の信頼を得るには、顧客の感動や共感を呼び起こす物語が不可欠なのである。

▼日本遺産は、すでに全国で37件が認定された。日本遺産で最も重要なのは地域の歴史・文化を俯瞰(ふかん)する物語を描き、その上で地域の未来へのビジョンとこれを実現するための事業や体制を整備していくことである。単なる歴史物語の回顧ではなく、地域の未来をどう描くかが問われているのである。

(公益社団法人日本観光振興協会総合調査研究所特別研究員・丁野朗)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

コラム石垣 2017年2月11日号 中村恒夫

時事通信社取締役・中村恒夫

単身赴任で2年弱過ごした神戸。昨年の暮れ、予約が取りにくいことで有名なレストランでランチを楽しむ機会があった。インターネットで検索するとス...

前の記事

コラム石垣 2017年1月21日号 宇津井輝史

文章ラボ主宰・宇津井輝史

企業は人々が求めるものを提供する。企業の社会的価値はそこにある。人々はまた、いまはまだ存在しない製品やサービスに対して潜在的な欲求を持つ...

関連記事

コラム石垣 2022年5月1日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

明治維新を成し遂げた日本は中国の近代化を支援した。政府はむろん、日活の創業者ら民間人も孫文を援助して辛亥革命を助け、アジア初の共和国・中...

コラム石垣 2022年4月21日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

先日、日本の政策についてアンケート調査を実施した。そのうち「あなたが専門家に聞きたいことは何か」の問いでは、「有識者は信頼できないので質...

コラム石垣 2022年4月11日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

ウクライナ東部要衝のマリウポリや北東部のハリコフでのロシア軍の攻撃は凄惨を極めた。ウクライナ国民の戦意をくじくためにロシア軍は意図的に病...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする