日商 Assist Biz

更新

元気が出る中小企業経営 “健康食品”を生産・販売する電機関連メーカー~黒ニンニクに懸けた社長の思い~

「愛用者から寄せられる喜びの声を聞くのが一番のやりがい」と語る鶴田賢一郎社長

今号は、本業とは全く異なる分野で新規事業を立ち上げ、その両立を実現している事例をご紹介します。

親孝行から生まれた新規事業

大阪府大東市に「ツルテック」という黒ニンニクの製造販売を行う企業があります。同社はもともと、ツルタ電機という電子部品の組み立て・検査などを行う製造業として、現社長の鶴田賢一郎さんの実父が立ち上げた会社でした。その父ががんを患い、有効な治療法を探す中、鶴田さんが出合ったのが黒ニンニクでした。残念ながら実父は亡くなりましたが、自然食品としてのニンニクの可能性に魅せられた鶴田さんは、事業化を決断。本業の部品加工業が取引先の需要動向に左右されやすいことから、「いずれは自社ブランドを」という夢を長年温めていたのです。

全くの異分野進出でしたが、鶴田さんには、本業のものづくりで培った「品質重視」の姿勢を貫けば必ず成功できる、という信念がありました。その言葉通り、鶴田さんはより良い黒ニンニクづくりに注力します。知人の紹介で岐阜大学とも連携し、苦心の末に低温・長期で発酵させる独自製法を開発。発酵時間の短い従来品に比べ、二次発酵を経て黒く変色した鶴田さんのニンニクは苦味や臭いもなく、プルーンのような甘さが特徴です。

栄養成分や抗酸化作用に優れたこの商品は、男性向けのイメージを払拭すべく「なでしこ」と名付けられました。大東市には自然食品の特産品が少なかったため、鶴田さんは地域に密着したPR活動でファンを拡大しようと決意します。

ものづくりへの姿勢と情熱で事業両立に成功

早速、鶴田さんは地元の飲食店を回り、黒ニンニクを使ったオリジナルメニューを提供してもらったり、主婦を対象にした料理教室を企画し、スープや肉料理など、黒ニンニクの簡単な活用レシピを紹介するなど周知に努めました。現在はホームページやフェイスブックページを設けるほか、通信販売も全国展開し、リピーターや定期購入客を獲得しています。

経営学上は、この種の展開は「非関連型多角化」と呼ばれ、特に中小企業ではリスクが高いとされています。しかし、「一人でも多くの人に健康な生活を送ってほしい」との鶴田さんの思いは、周囲の人々を動かしました。当初は反対意見や戸惑いを示していた従業員たちも、現在は在庫管理や梱包・発送、顧客データ管理などに率先して携わり、二つの事業がうまく連動するようになりました。ものづくりで鍛えた品質重視の姿勢と経営者のリーダーシップがあれば、未知なる新規事業も軌道に乗せることは可能、という好例でしょう。

坂本 篤彦(さかもと・あつひこ) 昭和39年東京都生まれ。平成3年東京商工会議所に入所。退職後にビジネス・コア・コンサルティングを設立し、代表に就任。創業・ベンチャーの事業展開支援など、実践型のコンサルティングを行っている。また、中小企業大学校で教壇に立つ傍ら、北は北海道から南は沖縄まで、年間約200回の講演・セミナーを精力的にこなす。

次の記事

鹿児島県霧島市に「キリシマ精工」という金属精密加工業があります。社長の西重保さんは、もとは同業の会社の工場長でしたが、過剰設備などが原因で倒産。その技術力を惜しんだ…

前の記事

北海道小樽市は、道内有数の海産物がおいしい港町です。年間700万人の観光客が同市を訪れますが、その約7割が道内からで、海産物目当ての短時間型の観光が中心、というジレンマ…

関連記事

千葉県流山市にかごや商店という酒類・食料品の小売店があります。創業は昭和16年、背負う籠の製造販売を行っていたことが店名の由来です。旧流山街道沿いにあるものの、近隣の…

後藤加奈子さんは2年前の講座に参加されました。20年にわたってアパレル販売に従事し、セレクトショップの店長などを務めてきましたが、苦労の連続だったようです。勤務先の業…

今号は、後継社長のリーダーシップにより、ニッチな業界の中で独自の存在価値を発揮している事例をご紹介します。兵庫県小野市に神戸合成という自動車・二輪車用ケミカル製品の…