日商 Assist Biz

更新

元気が出る中小企業経営 “地域への思い”が生んだ極上グルメ~小樽地鶏でわがまちをもっと元気に!~

「小樽でしか味わえない新グルメとして、一日も早くブランドを確立させたい」と抱負を語る松下敏彦社長

今号は、新たな食材の開発をきっかけに地元の有志が立ち上がり、地域活性化を図ろうとしている事例をご紹介します。

海産物に続く名物誕生

北海道小樽市は、道内有数の海産物がおいしい港町です。年間700万人の観光客が同市を訪れますが、その約7割が道内からで、海産物目当ての短時間型の観光が中心、というジレンマがありました。

そんな中、市内で建設業を営む松下敏彦さんは趣味のレース鳩の飼育にヒントを得て、「おいしい地鶏を育て、小樽の新たな名物にできないか」と、ブランド地鶏の開発を発案。比内地鶏など認定在来種3種を掛け合わせ、7年を掛けて「小樽地鶏」を誕生させました。

松下さんと同じく、「海産物以外の新名物で地域を元気に」という思いを抱いていた市民有志が出資に応じ、平成25年8月に「株式会社小樽地鶏本舗」を設立。松下さんが社長に就任しました。昨年1月からは、木造2階建ての鶏舎で地鶏の飼育を開始しています。

さらに、松下さんは鶏の交配から孵化、加工、販売まで一貫して手掛けたいと、昨年4月には食肉処理場を建設。病気への感染リスクが低減し、より安心・安全で新鮮な鶏肉の安定供給が可能となりました。道内初のこの取り組みは、現在も大きな注目を集めています。

「小樽限定の味」目指し各店が創意工夫

松下さんが次に注力したのが、小樽地鶏に合った料理法やメニューの開発でした。この地鶏の魅力は、何といっても肉と卵のどちらも味が良いことです。肉にはコクと歯ごたえが、卵は黄身が大きく弾力があるのが特徴です。

そこで、事業立ち上げ時の有志が中心となり、メニュー開発や試食会に手弁当で参加。焼き物や揚げ物など、さまざまな料理を試した結果、鍋料理が最も合うことが分かったのです。これをきっかけに、現在では地方発送用の鍋商品の開発を進めています。

小樽地鶏は同社直営店のほか、市内の居酒屋、中華料理店など5店で味わうことができます。各店とも努力を重ね、「鍋焼きおじやうどん」「炊き餃子」「コラーゲン白湯鍋」など、この食材の特性を生かしたオリジナルメニューを開発。客の評判も上々で、売上は少しずつ伸びています。松下さんも、今後はさらに肉質の向上を図り、関係者と協力して生産量を上げていく方針です。

同社は現在、評判を聞いた他地域からの仕入の注文は、「小樽限定」という趣旨から断っているとのこと。まさに小樽でしか食べられない〝新名物〟としての第一歩を踏み出しています。

坂本 篤彦(さかもと・あつひこ) 昭和39年東京都生まれ。平成3年東京商工会議所に入所。退職後にビジネス・コア・コンサルティングを設立し、代表に就任。創業・ベンチャーの事業展開支援など、実践型のコンサルティングを行っている。また、中小企業大学校で教壇に立つ傍ら、北は北海道から南は沖縄まで、年間約200回の講演・セミナーを精力的にこなす。

次の記事

元気が出る中小企業経営 “健康食品”を生産・販売する電機関連メーカー~黒ニンニクに懸けた社長の思い~

大阪府大東市に「ツルテック」という黒ニンニクの製造販売を行う企業があります。同社はもともと、ツルタ電機という電子部品の組み立て・検査など...

前の記事

元気が出る中小企業経営 “息子への愛情”から生まれたコーヒー豆店~将来の働ける場と技術を残したい~

昨年5月、東京都台東区の蔵前に一軒のコーヒー豆焙煎店がオープンしました。オーナーの白羽玲子さんは以前、出版社の営業部員として働いていまし...

関連記事

元気が出る中小企業経営 “飲めるみりん”でファンを獲得~たゆまぬ魅力づくりで商機をつかむ~

千葉県流山市にかごや商店という酒類・食料品の小売店があります。創業は昭和16年、背負う籠の製造販売を行っていたことが店名の由来です。旧流山...

元気が出る中小企業経営 “アパレル販売は天職!”の思いを実現~大人の女性のおしゃれアドバイザー~

後藤加奈子さんは2年前の講座に参加されました。20年にわたってアパレル販売に従事し、セレクトショップの店長などを務めてきましたが、苦労の連続...

元気が出る中小企業経営 “開発型メーカーになる!” との思いを実現~後継社長の一念が会社を変える!~

今号は、後継社長のリーダーシップにより、ニッチな業界の中で独自の存在価値を発揮している事例をご紹介します。兵庫県小野市に神戸合成という自...