日商 Assist Biz

更新

元気が出る中小企業経営 “息子への愛情”から生まれたコーヒー豆店~将来の働ける場と技術を残したい~

「今後は障がい者施設と連携し、互いの強みを生かした活動を目指していきたい」と抱負を語る白羽玲子さん

今号は、私が講師を務める創業塾(東京都台東区主催)の卒業生の事例をご紹介します。

息子の自立に向け創業を決意

昨年5月、東京都台東区の蔵前に一軒のコーヒー豆焙煎店がオープンしました。オーナーの白羽玲子さんは以前、出版社の営業部員として働いていました。しかし、当時の白羽さんには自身の子どもの将来について悩みがあったといいます。6歳の次男に、自閉症というハンディキャップがあったのです。実母の死を境に、白羽さんは「自分たちの死後も、障がいを抱えたこの子に自立した生活を送らせたい」と真剣に考え始めたそうです。

白羽さんが選んだ道は、自らが創業することでした。「息子には、親の手助けがなくても働ける場と専門技術を授けよう」。それが大きな目標となりました。業種を決めるに当たり、まずは息子の特性を第一に考慮。モノづくりに関連した技術であること、そして自宅の近隣で省スペースでも開業できること、という2点を意識しました。一方、多くの障がい者施設でクッキーやケーキが製造されていることにも着目。それらと組み合わせて販売できるものを検討した結果、小規模店でも扱いやすい、コーヒー豆を商材にすることにしたのです。

障がいのある多くの人に働く喜び伝えたい

しかし、コーヒーについては全くの素人だった白羽さん。創業前に焙煎技術や営業ノウハウの習得が必要でした。そこで、知的障がい者が無理なく扱える「電気式の焙煎機」を使うコーヒー豆店に弟子入り。焙煎作業を基礎から学びました。秒単位で行う焙煎時間の管理や、生豆から蒸発した水分のグラム数の把握、手間の掛かる〝欠点豆〟の除去。修業を通して、息子に向きそうな仕事であることを発見できたのも大きな収穫でした。

こうして1年弱の準備期間を経て開店した店は、息子が今春に入学予定の小学校から徒歩5分。何かあってもすぐに駆け付けられる最適の立地です。店名の「縁の木」には「人と人とのつながりを大切に育てたい」との思いを込めました。

白羽さんは20年の営業キャリアを生かし、個人だけでなく法人とも取り引きをしています。オフィスコーヒーとしての販売や、ドリップパックした個装コーヒーをノベルティ(企業が顧客に無料配布する品)として提案販売するのです。 息子が働くようになるまで、あと十数年。白羽さんは、早く店を軌道に乗せ、他の障がい者にも焙煎の就労訓練を行いたいと考えています。「施設にこもりがちな障がい者に、技術を磨く楽しさ、働く喜びを実感してほしい」。夢は大きく広がっています。

本 篤彦(さかもと・あつひこ) 昭和39年東京都生まれ。平成3年東京商工会議所に入所。退職後にビジネス・コア・コンサルティングを設立し、代表に就任。創業・ベンチャーの事業展開支援など、実践型のコンサルティングを行っている。また、中小企業大学校で教壇に立つ傍ら、北は北海道から南は沖縄まで、年間約200回の講演・セミナーを精力的にこなす。

次の記事

北海道小樽市は、道内有数の海産物がおいしい港町です。年間700万人の観光客が同市を訪れますが、その約7割が道内からで、海産物目当ての短時間型の観光が中心、というジレンマ…

前の記事

福岡県福岡市に「エアー工業」という空調工事会社があります。社長の酒井保宏さんはかつて、生命保険会社の営業マンでした。しかし、勤務先の経営状況が悪化したため一念発起。…

関連記事

千葉県流山市にかごや商店という酒類・食料品の小売店があります。創業は昭和16年、背負う籠の製造販売を行っていたことが店名の由来です。旧流山街道沿いにあるものの、近隣の…

後藤加奈子さんは2年前の講座に参加されました。20年にわたってアパレル販売に従事し、セレクトショップの店長などを務めてきましたが、苦労の連続だったようです。勤務先の業…

今号は、後継社長のリーダーシップにより、ニッチな業界の中で独自の存在価値を発揮している事例をご紹介します。兵庫県小野市に神戸合成という自動車・二輪車用ケミカル製品の…