日商 Assist Biz

更新

元気が出る中小企業経営 提供するのは“信頼”と“5月のそよ風” ~独自の価値観を土台にする空調工事業~

「信頼の追求には終わりがないので、今後もより高みを目指していきたい」と抱負を語る酒井保宏社長

今号は、異業種からの創業ながら、経営者自らの信条を社内に浸透させ、好業績を挙げている事例をご紹介します。

「信頼」に値する仕事を

福岡県福岡市に「エアー工業」という空調工事会社があります。社長の酒井保宏さんはかつて、生命保険会社の営業マンでした。しかし、勤務先の経営状況が悪化したため一念発起。自営業者になることを決意したのです。選んだのは空調工事業です。偶然、友人の父親が同業を営んでおり、創業の前後に何度かアドバイスを受けました。あるとき、その社長から「空調って何か分かる?」と、唐突に質問された酒井さん。答えに窮していると、社長は「〝5月のそよ風〟だよ」と教えてくれました。空調の仕事とは、1年の中で一番肌当たりのいい、心地良い風をつくることだというその真意を知り、酒井さんは始めたばかりの自分の事業に誇りと自信を持つことができたそうです。

また、未経験分野での創業に不安はあったものの、酒井さんには一つの信念がありました。それは、どのような事業でも基本は「信頼」に尽きる、ということ。トップセールスを誇っていた生保勤務時代も絶えず意識していたのは、客に提供するものは保険という金融商品ではなく、「信頼」であるという思いでした。中小の設備工事業の客は地元のゼネコンや大手サブコン(ゼネコンの大手下請業者)です。それら顧客にとって、自社が提供する工事は信頼に値するものなのか。その視点が、酒井さんの経営の軸足になりました。

社員一丸で問題意識を共有 市内トップクラスの収益に

平成9年の創業以来、その視点は在籍する10人の社員にも浸透。近年、空調業界は予算との兼ね合いから工期短縮の傾向にありますが、社員たちはそれぞれ「自分の仕事は客から見て信頼に値するか」という問題意識を持ち、高い工事品質と納期厳守に努めています。それゆえに、時には人件費やコストがかさみ、赤字となってしまうことも。しかし、酒井さんは「信頼に代えられるような利益に意味はない」と、その信条がブレることはありません。

同社には自社のホームページもなく、広告営業活動も一切行っていませんが、信頼を糧に、大手サブコンや空調機メーカーから多くの指名を獲得。規模は小さいながらも、市内でトップクラスの稼働率と収益を挙げることで存在価値を発揮し、社員の年収アップを図っています。

経営者が自社のサービスの価値を追求し、それを社員の行動にまで浸透させれば強い企業をつくれる、という好事例です。

坂本 篤彦(さかもと・あつひこ) 昭和39年東京都生まれ。平成3年東京商工会議所に入所。退職後にビジネス・コア・コンサルティングを設立し、代表に就任。創業・ベンチャーの事業展開支援など、実践型のコンサルティングを行っている。また、中小企業大学校で教壇に立つ傍ら、北は北海道から南は沖縄まで、年間約200回の講演・セミナーを精力的にこなす。

次の記事

元気が出る中小企業経営 “息子への愛情”から生まれたコーヒー豆店~将来の働ける場と技術を残したい~

昨年5月、東京都台東区の蔵前に一軒のコーヒー豆焙煎店がオープンしました。オーナーの白羽玲子さんは以前、出版社の営業部員として働いていまし...

前の記事

元気が出る中小企業経営 商店街に響く三味線の音 ~“トライ&エラー”で自店の魅力を磨く~

山形県酒田市に「千尋草」という和雑貨の店があります。店主の梅津志保さんは市内で働いていましたが、一念発起し創業を目指しました。商材として...

関連記事

元気が出る中小企業経営 “飲めるみりん”でファンを獲得~たゆまぬ魅力づくりで商機をつかむ~

千葉県流山市にかごや商店という酒類・食料品の小売店があります。創業は昭和16年、背負う籠の製造販売を行っていたことが店名の由来です。旧流山...

元気が出る中小企業経営 “アパレル販売は天職!”の思いを実現~大人の女性のおしゃれアドバイザー~

後藤加奈子さんは2年前の講座に参加されました。20年にわたってアパレル販売に従事し、セレクトショップの店長などを務めてきましたが、苦労の連続...

元気が出る中小企業経営 “開発型メーカーになる!” との思いを実現~後継社長の一念が会社を変える!~

今号は、後継社長のリーダーシップにより、ニッチな業界の中で独自の存在価値を発揮している事例をご紹介します。兵庫県小野市に神戸合成という自...