日商 Assist Biz

更新

元気が出る中小企業経営 〝チームワーク〟が世界最小のサイコロを生んだ! ~独自の技術で進化を続ける精密加工業~

「真心を込めてものづくりに臨めば、必ずお客さまに喜んでいただける」と信条を語る西重保社長

今号は、勤務先の倒産を機に自ら起業し、独自技術によって大いに業績を伸ばしている中小製造業の事例をご紹介します。

逆転の発想で新技術を開発

鹿児島県霧島市に「キリシマ精工」という金属精密加工業があります。社長の西重保さんは、もとは同業の会社の工場長でしたが、過剰設備などが原因で倒産。その技術力を惜しんだ取引先の経営者から、事業継続を打診されます。得意とする難削材(加工の難しい素材)は、高度な技術が必要とされるもの。また、材料が特殊な合金のためにコストも高く、新規参入の少ない分野でした。西重さんは、かつての同僚たちとこの事業にもう一度挑戦したいと、創業を決意。平成18年に従業員5人で同社をスタートしました。

 社長となった西重さんのポリシーは「顧客の技術的な要望には必ず応える」というものでした。しかし、難削材の加工には工程ごとに異なる機械が必要となり、同社の体力では設備投資が追い付きません。

理想と現実のギャップを埋めるべく、西重さんは「保有する〝単軸マシニング機〟(刃物を回転させて金属などを削る工作機械)のみで加工しよう」と新技術の開発を決意。業界でも初の試みでしたが、西重さんは「全員の知恵や経験、ノウハウを結集すれば必ず生み出せる」と社員を励まし続け、ついに独自技術「カーブカット工法」を完成させます。材料を重ねてワイヤーで切断する従来の工法とは異なり、これなら独自の型を使って一度に加工が可能なため、工程数は大幅に減少。薄い材料も加工できるので歩留まりも改善し、材料費の低減も実現しました。

目指すのは世界レベルの「メード・イン・キリシマ」

せっかくの独自技術も広く周知されなければ宝の持ち腐れだと考えた西重さんは、インパクトのある製品で技術力をアピールしようと、ユニークなサンプル品を製作。0.2㎜四方という世界最小のサイコロに、1から6の数を正確に刻印したものや、チェーンとフレームを一体加工した幅0.3㎜のピラミッドなどを展示会に出品しました。その技術力は次第に評判を呼び、顧客層は国外にも拡大しています。事業も順調に伸び、同社の正社員は21人まで増えました。

「社員の頑張りはもちろんのこと、地元の支えがあってここまで成長できた。〝メード・イン・キリシマ〟として世界に通用する仕事をし、恩返しをしたい」と語る西重さん。今後は航空・宇宙や医療など、同社ならではの高度な精密技術を要求される分野に進出したいと、夢は広がっています。

坂本 篤彦(さかもと・あつひこ) 昭和39年東京都生まれ。平成3年東京商工会議所に入所。退職後にビジネス・コア・コンサルティングを設立し、代表に就任。創業・ベンチャーの事業展開支援など、実践型のコンサルティングを行っている。また、中小企業大学校で教壇に立つ傍ら、北は北海道から南は沖縄まで、年間約200回の講演・セミナーを精力的にこな

次の記事

青森県青森市に「マツダアンフィニ青森」というマツダ車を扱う自動車ディーラーがあります。柳谷章二社長の長男・彰成さんは都内のIT企業に勤務していましたが、父の会社を継ぐ…

前の記事

大阪府大東市に「ツルテック」という黒ニンニクの製造販売を行う企業があります。同社はもともと、ツルタ電機という電子部品の組み立て・検査などを行う製造業として、現社長の…

関連記事

千葉県流山市にかごや商店という酒類・食料品の小売店があります。創業は昭和16年、背負う籠の製造販売を行っていたことが店名の由来です。旧流山街道沿いにあるものの、近隣の…

後藤加奈子さんは2年前の講座に参加されました。20年にわたってアパレル販売に従事し、セレクトショップの店長などを務めてきましたが、苦労の連続だったようです。勤務先の業…

今号は、後継社長のリーダーシップにより、ニッチな業界の中で独自の存在価値を発揮している事例をご紹介します。兵庫県小野市に神戸合成という自動車・二輪車用ケミカル製品の…