日商 Assist Biz

更新

元気が出る中小企業経営 〝社員尊重〟と〝顧客目線〟で会社を強くする! ~後継者の入社が活性化のきっかけに~

柳谷章二社長(左)と長男の彰成さん。「会社を良くしたい」という共通の目的が生まれ、意思疎通が円滑になったという 「チームワークの良さが一番の強み」という従業員たち。顧客の充実したカーライフの創造に向け、一丸となって社長親子をサポート

今号は、後継者の入社をきっかけに、業績を向上させている事例をご紹介します。

新たな発想と地道な改革で顧客の心をつかむ

青森県青森市に「マツダアンフィニ青森」というマツダ車を扱う自動車ディーラーがあります。柳谷章二社長の長男・彰成さんは都内のIT企業に勤務していましたが、父の会社を継ぐ決心をし、中小企業大学校にて10カ月の経営後継者研修を修了。平成22年に同社に入社しました。

当時、リーマンショック後の消費冷え込みや商圏内の人口減少などで同社の業績は低迷し、赤字の状態でした。彰成さんに対し、父の柳谷社長は「業績が厳しいときにこそ、社員を〝お客さま〟のごとく大切に接しなさい。会社が存続できたのも、彼らの頑張りがあってのことなのだから」と後継者としての心得を諭します。彰成さんはその言葉を心に刻みつつ、自分なりの改革に着手しました。

それは、「車を販売する」だけではなく、「充実したカーライフを創造する」という視点を持つことでした。その第一歩が、ホームページの刷新です。自動車の性能やスペックの説明は、メーカー(マツダ)のホームページで十分。それならばと、自社ではショールームの賢い活用法や雪道の運転のポイントなど、お客の視点を大切にした情報の発信を心掛けました。また、お客にとって、購入後の納車は大きな楽しみです。同社ではその日を〝納車記念日〟とし、家族での記念撮影をサービスするなど、独自の取り組みを始めました。

ほかにも、人材面では、4年前から女性の営業担当を採用。きめ細やかな対応が顧客から好評です。

社員動かす経営陣の情熱

これらの取り組みが奏功し、直近期では最高益を更新するまで業績は改善。柳谷親子は「何よりも、社員同士、経営陣と社員との結び付きが強まったことが大きな収穫」と、同社の結束力に胸を張ります。

同社の活性化を象徴するエピソードがあります。収益悪化で延期されていた、5年に1度の海外社員旅行を復活させようとしたときのこと。社員たちから、マツダの本拠地である広島行きを提案されたのです。「マツダ車を扱っていながら、まだ本社や工場を見たことがない。どのように生産されているのか、自らの目で確かめたい」という彼らの熱意。自分たちが販売する車を通して、お客に快適なカーライフを提供できる喜びに目覚めている証拠でしょう。

事業承継において、社長と後継者の思いが相乗すると、会社のムードや業績改善の契機となるという好事例です。

坂本篤彦(さかもと・あつひこ) 昭和39年東京都生まれ。平成3年東京商工会議所に入所。退職後にビジネス・コア・コンサルティングを設立し、代表に就任。創業・ベンチャーの事業展開支援など、実践型のコンサルティングを行っている。また、中小企業大学校で教壇に立つ傍ら、北は北海道から南は沖縄まで、年間約200回の講演・セミナーを精力的にこなす。

次の記事

元気が出る中小企業経営 “おいしかった”お客さまの声に応える!~老舗和菓子店後継者の新たな決意~

東京都台東区に菓匠・東洋庵という和菓子店があります。創業は昭和7年。地元で老舗として愛されています。一方、三代目の平岡康弘さんには自店の将...

前の記事

元気が出る中小企業経営 〝チームワーク〟が世界最小のサイコロを生んだ! ~独自の技術で進化を続ける精密加工業~

鹿児島県霧島市に「キリシマ精工」という金属精密加工業があります。社長の西重保さんは、もとは同業の会社の工場長でしたが、過剰設備などが原因...

関連記事

元気が出る中小企業経営 “飲めるみりん”でファンを獲得~たゆまぬ魅力づくりで商機をつかむ~

千葉県流山市にかごや商店という酒類・食料品の小売店があります。創業は昭和16年、背負う籠の製造販売を行っていたことが店名の由来です。旧流山...

元気が出る中小企業経営 “アパレル販売は天職!”の思いを実現~大人の女性のおしゃれアドバイザー~

後藤加奈子さんは2年前の講座に参加されました。20年にわたってアパレル販売に従事し、セレクトショップの店長などを務めてきましたが、苦労の連続...

元気が出る中小企業経営 “開発型メーカーになる!” との思いを実現~後継社長の一念が会社を変える!~

今号は、後継社長のリーダーシップにより、ニッチな業界の中で独自の存在価値を発揮している事例をご紹介します。兵庫県小野市に神戸合成という自...