日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 最中の中からお宝がざくざく 「加賀麩」

宝の麩 おもてなし12個入り・2700円 すだれ麩(要冷蔵) 1個・357円 ※すべて税込

一見すると、和菓子の最中のよう。一つずつ丁寧に包装された様子も上品でおいしそうだ。しかし、中に入っているのはアンコではない。ネギやワカメやほうれん草、ナメコ、そして小さな麸(ふ)が数枚、まるで万華鏡のように散りばめられている。小花麸、ゆり麸、まつたけ麸……、形も色もさまざまで可愛らしい。汁椀に添付の昆布出汁(だし)と最中を入れて、熱湯を注げば極上の汁物が出来上がり。ふやけた最中の中から麸や野菜が出てきて、椀の中が一気に華やかになる。おすまし、味噌汁(田舎みそ、赤だし、白みそ)、コンソメスープ、中華スープ。汁の味も和洋中がそろい、毎食どれを食べようかとワクワク楽しみに包みを開く。

これらは金沢・不室屋の「宝の麸」。脇役になりがちな麸が主役となった古都の名物である。手土産にも贈り物にもぴったり、味・彩・ときめき度どれも満点の“食遺産”と断言できる。

もうひとつ、金沢ならではの麸である「すだれ麸」もおすすめだ。治部煮(じぶに)に欠かせないギザギザの麸で、加賀藩前田家の包丁侍(ほうちょうざむらい)だった舟木伝内包早(ふなきでんないかねはや)が生み出した。舌触りが独特でクセになる珍しい麸。金沢に出かけたらぜひ麸料理を召し上がれ。

Data

社名:加賀麩 不室屋 尾張町店本店

所在地:石川県金沢市尾張町2-3-1

電話:0120-26-6817

Information

電話のほか下記よりネットでお取り寄せも可能

http://www.fumuroya.co.jp/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

青森県 弘前市

リンゴの生産量日本一の青森県。津軽富士・岩木山を背景に津軽平野に真っ赤なリンゴがたわわに実ったリンゴ畑が広がる様子は、秋の風物詩だ。「気になるリンゴ」は、その青森県…

前の記事

山形県 山形市

文庫サイズの頑丈な小箱を開けると、あふれんばかりの翡翠(ひすい)!いや、豆だ。一瞬、翡翠に見えたそれらは一粒一粒がふぞろい。正体は青エンドウ豆を甘納豆風に仕上げたもの…

関連記事

茨城県 水戸市

水戸の名物は黄門様と納豆、そして梅。水戸の偕楽園は日本を代表する庭園のひとつで、天保13(1842)年に徳川斉昭(なりあき)が造園。園内約13haの梅林には約3000本の梅が植えら…

大阪府 堺市

大阪府堺市に住む親戚が、わが家にいつも土産に持ってきた餅菓子。それはそれはおいしくて、いつも母と取り合いになったのを覚えている。やわらかく、つるっとした餅(白玉)に…

徳島県 徳島市

和三盆とは江戸時代から変わらない素材と製法、技術で手づくりされる高級砂糖で、主に四国東部で生産されている。サトウキビ100%を使った阿波和三盆糖はベタつかない口溶けの…