もらってうれしい大人の手土産 最中の中からお宝がざくざく 「加賀麩」

宝の麩 おもてなし12個入り・2700円 すだれ麩(要冷蔵) 1個・357円 ※すべて税込

一見すると、和菓子の最中のよう。一つずつ丁寧に包装された様子も上品でおいしそうだ。しかし、中に入っているのはアンコではない。ネギやワカメやほうれん草、ナメコ、そして小さな麸(ふ)が数枚、まるで万華鏡のように散りばめられている。小花麸、ゆり麸、まつたけ麸……、形も色もさまざまで可愛らしい。汁椀に添付の昆布出汁(だし)と最中を入れて、熱湯を注げば極上の汁物が出来上がり。ふやけた最中の中から麸や野菜が出てきて、椀の中が一気に華やかになる。おすまし、味噌汁(田舎みそ、赤だし、白みそ)、コンソメスープ、中華スープ。汁の味も和洋中がそろい、毎食どれを食べようかとワクワク楽しみに包みを開く。

これらは金沢・不室屋の「宝の麸」。脇役になりがちな麸が主役となった古都の名物である。手土産にも贈り物にもぴったり、味・彩・ときめき度どれも満点の“食遺産”と断言できる。

もうひとつ、金沢ならではの麸である「すだれ麸」もおすすめだ。治部煮(じぶに)に欠かせないギザギザの麸で、加賀藩前田家の包丁侍(ほうちょうざむらい)だった舟木伝内包早(ふなきでんないかねはや)が生み出した。舌触りが独特でクセになる珍しい麸。金沢に出かけたらぜひ麸料理を召し上がれ。

Data

社名:加賀麩 不室屋 尾張町店本店

所在地:石川県金沢市尾張町2-3-1

電話:0120-26-6817

Information

電話のほか下記よりネットでお取り寄せも可能

http://www.fumuroya.co.jp/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。
この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

もらってうれしい大人の手土産 もぎたてのリンゴのようにシャキシャキ!「気になるリンゴ」

青森県 弘前市

リンゴの生産量日本一の青森県。津軽富士・岩木山を背景に津軽平野に真っ赤なリンゴがたわわに実ったリンゴ畑が広がる様子は、秋の風物詩だ。「気...

前の記事

もらってうれしい大人の手土産 やさしいエンドウ豆の香りのふうき豆 「白露ふうき豆」

山形県 山形市

文庫サイズの頑丈な小箱を開けると、あふれんばかりの翡翠(ひすい)!いや、豆だ。一瞬、翡翠に見えたそれらは一粒一粒がふぞろい。正体は青エンド...

関連記事

もらってうれしい大人の手土産 新鮮な地養卵に県産の果実をトッピング 「湯庵プリン」 無料会員限定

福島県 福島市

温泉地の名物が温泉まんじゅうだったのは今は昔。現在、温泉地の土産を代表するのはプリンといえる。全国各地にご当地プリンが存在し、どれも非常...

もらってうれしい大人の手土産 百年肉屋がつくるハンバーグ 「かごしま黒豚ハンバーグ」

鹿児島県 鹿児島市

肉の王国・鹿児島。肉質がしまり、さっぱりした脂身とジューシーさが特徴のかごしま黒豚に、和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」でチャンピ...

もらってうれしい大人の手土産 まるごと梨をくるんだゴージャスなバウムクーヘン 「天女の梨クーヘン」

鳥取県 鳥取市

子どもの頃、おやつにバウムクーヘンが出るとぜいたくな気持ちになった。おいしい紅茶と一緒にいただいて、シアワセ~。昔から大好きだった。昨今...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする