日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 やさしいエンドウ豆の香りのふうき豆 「白露ふうき豆」

白露ふうき豆:280g 600円、490g 1000円、 770g 1500円(税込、送料別) ※賞味期限は、夏季常温で3日、冬季常温で4日、冷蔵で7日

文庫サイズの頑丈な小箱を開けると、あふれんばかりの翡翠(ひすい)!いや、豆だ。一瞬、翡翠に見えたそれらは一粒一粒がふぞろい。正体は青エンドウ豆を甘納豆風に仕上げたもので、味付けは砂糖と塩のみ。添加物などは一切入っておらず、得も言われぬ上品な甘さ、そして鼻先をかすめる豆の香りがすばらしい。手でつまむより、スプーンですくって、または楊枝などでつつくと食べやすい。生菓子と同じで、冷蔵庫で保存する。日を追うごとに風味が落ちるので、できるだけ早目に食べ終えるのがよい。

ふうき豆は漢字で「冨貴豆」と書き、誕生は明治時代末期にさかのぼる。名前の由来は、製造過程で豆をふかすことから“ふき豆”。これに縁起の良い「冨」と「貴」をあてたという。“ふうき豆”に変化した理由は定かではない。現在、市内には数軒の専門店があるが、中でも「山田家白露ふうき豆本舗」の特徴は、豆の質、砂糖の質、舌の上で転がしたときのほろりはらりとした食感が秀逸だ。きりりと冷えたスパークリングワインでつまむと、あっという間にひと箱がなくなってしまうのでご注意を。手に入れるには直接店に行くか、通販で取り寄せるしかないため、希少価値は大である。

Data

社名:山田家白露ふうき豆本舗

所在地:山形県山形市本町1-7-30

電話:023-622-6998

Information

購入方法:店舗、電話、FAXのみ

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

石川県 金沢市

一見すると、和菓子の最中のよう。一つずつ丁寧に包装された様子も上品でおいしそうだ。しかし、中に入っているのはアンコではない。ネギやワカメやほうれん草、ナメコ、そして…

前の記事

北海道 北見市

「無敵の切麦」。なんとも勇壮で神々しい名前のひやむぎは、発酵学の権威・小泉武夫博士の命名。東京農大の創成塾で学んだ社長夫人で部長の津村千恵さんが、直々にこの名を授か…

関連記事

鹿児島県 鹿児島市

黒豚、さつま揚げ、焼酎などうまいものがそろうグルメタウン鹿児島。全部好物だが、一番は鹿児島ラーメン。繁華街天文館に店を構える「こむらさき」のラーメンが大好きだ。鹿児…

愛知県 豊橋市

豊橋での夕食は、毎回おでんと決めている。ウナギ、カレーうどん、いなりずしなど心ひかれる豊橋名物は数あるが、ちくわや揚げはんぺん、ごぼう巻きなどおでん種の練り物が半端…

北海道 稚内市

ポンたらを皿に盛り、マヨネーズ、しょうゆ、七味唐辛子を用意したら熱かんをつけて準備完了。ポンたらを皮からむしっては食べ、むしっては食べ、あらあら熱かんがもうすっから…